角田裕毅、シュタイアーマルクGPではグリッド降格も今季2度目の予選Q3進出「フランスまでとはアプローチを変えた」

F1シュタイアーマルクGPの予選で8番手タイムを記録したアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、前戦までとはアプローチを変えたことが、この好結果に繋がったと語る。

角田裕毅、シュタイアーマルクGPではグリッド降格も今季2度目の予選Q3進出「フランスまでとはアプローチを変えた」

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1シュタイアーマルクGPの予選で8番手となった。バルテリ・ボッタス(メルセデス)の走行を妨害したとして3グリッド降格ペナルティを受け、決勝は11番グリッドからスタートする角田だが、キャリア最高タイとなる予選順位を記録することができた。

 角田自身も、このパフォーマンスについて満足しているようだ。

「先週から比較して、本当に良いステップを踏み出すことができたと思います。特にフランスGPでは、予選Q1でクラッシュしてしまいましたから……良いスタートが切れたと思います」

 角田はペナルティ裁定が下される前、Sky F1のインタビューにそう語っていた。

「FP1から良いペースだったと思います。チームも、FP1から本当に良い仕事をしてくれました。そしてそのことは、今週末の僕を完全にリラックスさせてくれました」

「予選では、それを全てまとめ上げる必要がありました。そしてそれを果たすことができ、8番手になることができました。僕は満足しています」

 ここ数戦、予選でのミスが続いてきた角田。しかし今回の予選は、件のペナルティを除けばノーミスでクリアしてみせた。

「ここまでのレースでは、僕は少し急ぎすぎていたと思います。セッション開始直後に、僕はすぐにペースを改善しようとしていました」

 そう角田は改めて語る。

「F1ではリヤが流れてしまうと、すぐに限界に達してしまいます。そしていとも簡単にウォールに激突してしまいますし、スピンするのも簡単です。それを、フランスGPから学びました」

「今週末は別のアプローチをしましたが、それはうまく機能していました。将来に向け、役に立つと思います。でも繰り返しになりますが、チームがFP1から素晴らしい仕事をしてくれたので、そういうことを本当に楽に達成することができました。リラックスして、予選に臨むことができたんです」

 今回のグランプリを前に、レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコ博士と話したと明かしている角田。その会話でプレッシャーをかけられたものの、今回の予選結果で、マルコ博士にまずは満足してもらえたのではないかと考えている。

「彼は僕に、うまくいくためのアドバイスをくれました」

「でもその一方で、フランス以降は会話を楽しんでくれてはいませんでしたし、獲得ポイントについても満足してくれてはいませんでした。彼は僕にプレッシャーをかけたんです」

「彼が金曜日までのようなストレスを感じていないといいですね。そして彼は明日僕がポイントを獲得することも求めていると思います。だから、予選結果は第一歩目ということ。彼を満足させるためには、決勝でポイントを獲得しなければいけません。明日は馬鹿げたミスをしないようにしたいと思っています。でもとにかく、彼はここまでは満足してくれていると思います」

 自分のためだけでなく、チームのためにも決勝でできるだけ多くのポイントを獲得したいと角田は語る。

「チームができる限りのポイントを獲得できるよう、手助けする必要があります。特に今回のレースは、ポイントを獲得するビッグチャンスです。だから僕は、そのポイントを逃すようなことはしたくないと思っています」

「レースでタイヤをマネジメントするために何ができるか、それを話し合うだけです。そして、明日ポイントを獲得できればいいと思っています」

 

Read Also:

シェア
コメント
「レッドブルを凌ぐだけのペースはない」ハミルトン、シュタイアーマルクGPでの”遅さ”に嘆き?
前の記事

「レッドブルを凌ぐだけのペースはない」ハミルトン、シュタイアーマルクGPでの”遅さ”に嘆き?

次の記事

ピットレーンでのスピンで3グリッド降格は厳しすぎ? ボッタス「ペナルティとは想像していなかった」

ピットレーンでのスピンで3グリッド降格は厳しすぎ? ボッタス「ペナルティとは想像していなかった」
コメントを読み込む