フェルスタッペン、F1シュタイアーマルクGP初日を制圧。しかしハミルトンとの激戦を「確信している」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1シュタイアーマルクGPの初日2回の走行で、いずれもトップタイムを記録。しかし今回もハミルトンとの激戦になることを覚悟しているようだ。

フェルスタッペン、F1シュタイアーマルクGP初日を制圧。しかしハミルトンとの激戦を「確信している」

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、チームの本拠地とも言えるレッドブルリンクで行なわれているシュタイアーマルクGPの初日、FP1、FP2共にトップタイムを記録した。

 フェルスタッペンはまずFP1で、アルファタウリのピエール・ガスリーに0.256秒の差をつけ首位。さらにFP2では、マクラーレンのダニエル・リカルドに0.336秒差をつけるトップタイムを記録した。

 この結果には、フェルスタッペン本人も満足しているようだ。

「2回目のフリー走行では、ルイス(ハミルトン/メルセデス)の方が速かった。彼はラップタイムを(トラックリミット違反により)抹消されたから、現時点でのタイムシートと実際のモノは、少し違って見えるはずだ」

「でも全体として僕らとしては、とても良かったと思う。調べるべきことはいくつかあるけど、全体としては今のマシンがいるポジションにはとても満足している」

 ただフェルスタッペンは、常により良くできる部分があるはずだと考えていると語った。

「走り始めから、かなり満足できていた。でも僕は、常にどこをより良くできるかということを考えている。FP2が終わった後も同じで、いつでも取り組むべきことがある。今夜はそれを見ていくつもりだ」

「でも、全体としては非常にポジティブだったよ」

 今シーズンは序盤戦からフェルスタッペンとハミルトンの間で、激しい争いが繰り広げられてきた。しかしここ3戦はレッドブルが連勝中。ドライバーズランキングではフェルスタッペンが、コンストラクターズランキングではレッドブルが首位に立ち、それぞれハミルトンやメルセデスとの差を広げつつある。

 しかしフェルスタッペンは、今回もハミルトンとの激戦になると気を引き締めている。

「FP2の段階で、すでにその(ハミルトンとの接戦になる)可能性があると思っている。予選に向けてはそうなるだろうと、僕は確信している」

「天気がどうなるかを見極める必要があるだろうね。でも全体的には、また今回も非常に接戦になると思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
ホンダF1、順調な滑り出しもガスリーにPUデータ異常。田辺TD「挽回を図り、素早く対応できる準備をしていく」

前の記事

ホンダF1、順調な滑り出しもガスリーにPUデータ異常。田辺TD「挽回を図り、素早く対応できる準備をしていく」

次の記事

ミック・シューマッハー、前々からシート位置に違和感が? ハースは母コリーナの指摘で初めて問題を把握

ミック・シューマッハー、前々からシート位置に違和感が? ハースは母コリーナの指摘で初めて問題を把握
コメントを読み込む