アルファタウリ・ホンダ、オーストリアGPは厳しいレースに。角田裕毅「難しい1日だった」

角田裕毅は、F1オーストリアGPの決勝を12位でフィニッシュ。予選では7番手と好調な走りを披露した角田だったが、ソフトタイヤでのスタートに苦しみ、ポジションを落とした。チームメイトのピエール・ガスリーも同様に苦戦した。

アルファタウリ・ホンダ、オーストリアGPは厳しいレースに。角田裕毅「難しい1日だった」

 レッドブルリンク2連戦の2戦目、F1オーストリアGPはアルファタウリ・ホンダ勢にとっては厳しいレースとなった。

 アルファタウリ勢は予選では好調な走りを披露。ピエール・ガスリーが6番グリッド、角田裕毅が7番グリッドを獲得した。しかし彼らは、予選Q2をソフトタイヤで通過。これによって苦しい戦略を強いられ、ガスリーはなんとか入賞を果たしたものの3つポジションを落とした9位。角田は12位と、入賞を逃す結果となった。しかも角田は、ピットレーン入口の白線を踏んでしまうというミスを2度も犯し、合計10秒のタイムペナルティを受けた。

「今日は僕にとっては難しい1日でした」

 角田はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「レース中はペースの面で苦しみましたし、タイヤをマネジメントするのも大変でした。昨日の予選が良かったので、苛立たしく思いました」

「でも今日のレースの問題を確認し、そして解決する必要があります。シルバーストンでのレースでは、同じ過ちを犯すことはありません」

 チームメイトのガスリーも非常に苦労したが、ポイントを手にできたことは非常にポジティブだったと語った。

「今日は想像していた以上に大変だったと思う。でも良かったのは、ポイントを獲得することができたことだ」

 そう語るガスリーは、2ストップ戦略にメリットがあると予想していたと明かした。

「2ストップ戦略の方がメリットがあると思っていたが、レースのスタート時に履いたソフトタイヤで予想以上に苦労した。でもポジティブな点もいくつかあったし、力強いペースを示すこともできた」

「僕らは中団グループの上位で戦い続けている。しかし、グリッドポジションから順位を上げられなかったのは残念だ。今夜全てのデータをチェックし、僕の大好きなサーキットであるシルバーストンに向かうのを楽しみにしている」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1オーストリアGP決勝:フェルスタッペンが制圧! レッドブル・ホンダが5連勝、角田はペナルティに泣き12位

前の記事

F1オーストリアGP決勝:フェルスタッペンが制圧! レッドブル・ホンダが5連勝、角田はペナルティに泣き12位

次の記事

ホンダF1、5連勝達成。ホンダ田辺テクニカルディレクター「非常に力強いレース展開……良い形で進んでいる」

ホンダF1、5連勝達成。ホンダ田辺テクニカルディレクター「非常に力強いレース展開……良い形で進んでいる」
コメントを読み込む