F1、2021年開催カレンダーを改訂。開幕戦はバーレーンに……豪州は11月に延期

シェア
コメント
F1、2021年開催カレンダーを改訂。開幕戦はバーレーンに……豪州は11月に延期

F1は2021年の開催カレンダーを改訂することを発表。開幕戦予定だったオーストラリアGPは11月に延期され、開幕戦はバーレーンGPに……第2戦にはイモラでのレース開催が決定した。

 F1は、2021年のF1開催カレンダーの改訂版を発表した。

 昨年の12月17日、FIA世界モータースポーツ評議会(WMSC)は23戦からなる2021年のF1開催カレンダーを承認。これによれば、3月21日(日)決勝のオーストラリアGP(メルボルン)で開幕する予定になっていた。しかしその後、世界中で新型コロナウイルスの感染拡大状況が悪化。変異種が確認されるなど、感染者数は再び増加傾向となっている。

 この状況により、F1は当初の予定通り3月21日にオーストラリアGPを開催するのは不可能だと判断。第2戦として予定されていたバーレーンGP(3月28日決勝)を開幕戦とすることになった。オーストラリアGPは中止されるのではなく、第21戦として11月21日決勝に開催すべく延期されている。

 また渡航制限に伴い、第3戦に予定されていた中国GPも開催延期に。中国GPのプロモーターとは今も話し合いが続いており、可能であればシーズン後半に日程を改めて開催する可能性があるという。

 この中国GPの延期により、2020年にエミリア・ロマーニャGPを開催したイモラ(イタリア)で、4月18日に第2戦が開催される予定となっている。さらにTBC(確認中)となっていた4月25日開催のレースは、5月2日決勝にずらされている。このレースについてはまだTBCのままだ。

 なおオーストラリアGPの日程変更に伴い、サンパウロGPが11月7日へと1週間前倒しされ(当初11月14日開催予定)、サウジアラビアGPは12月5日(当初は11月28日開催予定)、最終戦アブダビGPも12月12日(当初は12月5日開催予定)にそれぞれ後ろ倒しされることになった。

 2021年から新たにF1のCEOを務めることになったステファノ・ドメニカリは、今回の日程変更に際し次のようにコメントを寄せた。

「今年のF1は忙しいスタートを切った。そして今シーズン、予定されているレース数が変わらないことを確認できて嬉しく思っている」

 そうドメニカリ新CEOは語る。

「新型コロナウイルスの大流行は、まだ生活を正常なモノに戻すことを許していない。しかし2020年に我々は、国際的なスポーツとして初めて、安全にレースができるということを示し、そして今シーズンに引き継ぐ経験と計画を手にした」

「11月にオーストラリアGPを変更することについてはすでに合意ができており、中国の関係者とも、2021年にレースをするための解決策を模索し続けている」

「イモラが2021年シーズンに復帰することを発表でき、嬉しく思っている。そして我々のファンが、冬休みが終わり、バーレーンでの改訂されたシーズン開幕戦を楽しみにしていることは分かっている」

「ウイルスに関する状況は、今も流動的なままだ。しかし我々と全てのパートナー、そしてプロモーターには、それに安全に適応するための、昨シーズン培った経験があるのだ」

【改訂版2021年F1開催カレンダー】

Rd.1 バーレーンGP(サクヒール):3月28日
Rd.2 イタリア(イモラ):4月18日※
Rd.3 TBC(TBC):5月2日
Rd.4 スペインGP(バルセロナ):5月9日
Rd.5 モナコGP(モナコ):5月23日
Rd.6 アゼルバイジャンGP(バクー):6月6日
Rd.7 カナダGP(モントリオール):6月13日
Rd.8 フランスGP(ル・キャステレ):6月27日
Rd.9 オーストリアGP(シュピールベルグ):7月4日
Rd.10 イギリスGP(シルバーストン):7月18日
Rd.11 ハンガリーGP(ブダペスト):8月1日
Rd.12 ベルギーGP(スパ・フランコルシャン):8月29日
Rd.13 オランダGP(ザントフールト):9月5日
Rd.14 イタリアGP(モンツァ):9月12日
Rd.15 ロシアGP(ソチ):9月26日
Rd.16 シンガポールGP(シンガポール):10月3日
Rd.17 日本GP(鈴鹿):10月10日
Rd.18 アメリカGP(オースティン):10月24日
Rd.19 メキシコGP(メキシコ・シティ):10月31日
Rd.20 ブラジル(サンパウロ):11月7日
Rd.21 オーストラリアGP(メルボルン):11月21日※
Rd.22 サウジアラビアGP(ジェッダ):12月5日※※
Rd.23 アブダビGP(アブダビ):12月12日
※カレンダーの改定には、WMSCの承認が必要
※※サーキットの承認が必要

Read Also:

フェルスタッペン、最年少F1王者獲得のチャンスは掴めず……それでも「落ち着いている」

前の記事

フェルスタッペン、最年少F1王者獲得のチャンスは掴めず……それでも「落ち着いている」

次の記事

チーム代表のサポートが力に……オコン「スタート前の会話が役に立った」

チーム代表のサポートが力に……オコン「スタート前の会話が役に立った」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1