F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、メルセデスの挽回を確信「テスト最終日にはかなり安定していた」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、プレシーズンテストで不安定さが目立ったメルセデスについて、最終日には安定さが増していたと分析する。

レッドブル・ホンダのフェルスタッペン、メルセデスの挽回を確信「テスト最終日にはかなり安定していた」

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、先日までバーレーンで行なわれたプレシーズンテストで、総合トップとなるタイムを記録した。しかし依然としてメルセデスへの警戒を怠っていない。

Read Also:

 メルセデスのマシンは、テストを通じて挙動が不安定なように見え、ルイス・ハミルトンがスピンし、グラベルトラップにハマってしまうようなシーンも見られた。結局、ハミルトンのベストタイムはフェルスタッペンから1秒以上離されたモノであり、履いていたタイヤの違い(フェルスタッペンはC4、ハミルトンはC5)を考えると、その差はさらに大きいかもしれない。

 このメルセデスのマシンの挙動についてフェルスタッペンは、オランダのテレビ番組のインタビューで、次のように語った。

「風向きは、初日と2日目ではまったく逆になった。(ハミルトンがスピンした)最終コーナーでは、追い風になっていたんだ。そこでは、常にオーバーステアだった。彼は中古のタイヤで走っていたと思うから、突然スピンしてしまう可能性がある」

 フェルスタッペンはそう語った。

「だからあのスピンについては、それほど考えなくていいと思う。しかも、彼らは事前にシェイクダウンやフィルミングデーを行なわずにテストを迎えていた。だから当初のセットアップは正しくなかったのかもしれない」

「でも最終日にはずっと安定していた。彼らはテストからレースまでの間に、2日間のフィルミングデーを行なう予定だと思う。だから、きっと本来の形に戻ってくるだろうね」

 レッドブルは伝統的にマシンに強いレーキ角(マシンの前傾角度……つまりフロントの底面は路面に近く、リヤは路面から離れている)を付けることで知られている。今シーズンのマシンは、レギュレーションによりダウンフォース削減を強いられることになるが、これによりレーキ角に変更が及んだのか? それについてフェルスタッペンは、次のように語った。

「もちろん違いは、リヤタイヤ直前のフロアの一部が切り取られていることだ。そこは通常ではフロアの中でも最も重要な部分であり、多くのダウンフォースを生み出す可能性がある」

 そうフェルスタッペンは語った。

「そのダウンフォースを取り戻すのは簡単じゃない。だから各チームは様々なことを行ない、その周辺でダウンフォースを生み出していることも知っている」

「去年はタイヤの問題が多かったから、ダウンフォースを減らすのは当然のことだ。負荷がかかりすぎていたからね。タイヤも変更されたけど、ダウンフォースも削減された。もちろん、チーム内の頭の良い人たちが、失われたダウンフォースを取り戻すべく懸命に取り組んでいる」

「しかしレーキというのは、とても敏感なモノだ。僕らのマシンのレーキは、去年とほとんど同じだと思う。コースに依る部分もあるけどね。一部のコースではレーキ角は少し小さくなり、他のコースでは少し大きくなる」

「でも、リヤタイヤ前のフィンの配置方法については、チームによって色々なデザインがあるね」

 メルセデスは、フロアの前半部分の端を波状にした、独特の形状を持っている。これについてフェルスタッペンは、次のように分析する。

「それは、彼らが僕らよりもレーキ角が小さいということとも、関係あると思う。もちろん、僕は空力の専門家じゃないけど、それは間違いなく関係あるはずだ」

「フロアの下で、何かを生み出そうとしているんだろう。僕らは高いレーキ角を持っているから、それをすでに手にしているのかもしれない」

「メルセデスは今年、かなりレーキ角が大きくなっていると思う。だから、ダウンフォースを取り戻し、バランスを取るためには、その道を進む必要があるということを認識しているんだと思う。今年そうなっているのはいいことだね」

「でも、来年の新しいクルマでは、その考え方は全然違っているかもしれない」

Additional Reporting by Erwin Jaeggi

 

 

Read Also:

シェア
コメント
マクラーレンF1移籍のリカルド、伝家の宝刀”ブレーキング”はまだ調整必要?

前の記事

マクラーレンF1移籍のリカルド、伝家の宝刀”ブレーキング”はまだ調整必要?

次の記事

角田裕毅、いよいよF1デビューへ「日本から大きな期待が寄せられているのは分かっている」

角田裕毅、いよいよF1デビューへ「日本から大きな期待が寄せられているのは分かっている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン
チーム メルセデス , レッドブル・ホンダ