来季導入の次世代F1マシンは、”F2”に近い? ノリス「間違いなく、少しスタイルが変わる」

2022年のF1マシンは、限界領域でF2マシンに近い動きをすると、マクラーレンのランド・ノリスは考えているようだ。

来季導入の次世代F1マシンは、”F2”に近い? ノリス「間違いなく、少しスタイルが変わる」

 マクラーレンのランド・ノリスは、レギュレーションが刷新される2022に向けて、シミュレータで来季マシンの初期バージョンをドライブした。

 チームが新規則への理解を深めるにつれ、シミュレータにおいてマシンから得られるフィーリングは変化していくものだが、ノリスは新世代のマシンが現行マシンとどれほど違うものになるのか、ドライビングスタイルをどれほど変える必要があるのか、すでに確固たる見解を持っているようだ。

 motorsport.comの取材に対し、ノリスは次のように答えている。

「間違いなく、(今とは)少し違うスタイルになるだろう」

「運転しやすいマシンとは言えないだろう。プッシュした際の限界、という意味ではよりそうなんだ。クルマとの戦いなど、ある意味でF2に似ているんだ」

「でも、物事は常に変化しているので、僕が間違っているかもしれない。1ヵ月前に乗っていたクルマと、今のクルマは全く違うものになっているだろうし、開幕戦の頃にはまた大きく変わっているかもしれない」

 ノリスによると、そうした変化はダウンフォースの多くがウイングやバージボード部分ではなく、グランドエフェクトによって生み出されていることに起因しているという。

「まだ開発の初期段階なので、クルマは常に少しずつ変化していく」

「でもフロントとリヤのウイングからすべて(のダウンフォース)を得るのではなく、グランドエフェクトカーであることが重要だと思う。今のマシンについている、マシン中央部のディフレクターなど、くだらないモノは全て無くなったんだ」

「そうなると、クルマのフィーリングやドライビングも少し変わってくる。セットアップの仕方も大きく変わるんだ」

 マシン同士の距離を縮め、より接近戦を見せたいというF1側の要望がレギュレーション変更の背景にある。

 ノリスも、この目的が達成されることを期待しているものの、いくらか妥協が必要だとも考えている。

「来年に向けて彼らが行なっていることは、より良いレースができるようにマシンを改良したりするための変更だ」

「前のクルマを追っている時の乱流が減れば、当然スリップストリームの影響も少なくなる。ある部分で得をすれば、別の部分で損をするんだ。お互いに関連しているからね。だから、もっと良くなることを願っている」

 
 
Read Also:
シェア
コメント
一流ドライバーの仲間入り? ノリス、モナコへの転居明かす「自分の将来を考えた決断」
前の記事

一流ドライバーの仲間入り? ノリス、モナコへの転居明かす「自分の将来を考えた決断」

次の記事

オコン、ピアストリのF1デビューは”時間の問題”と太鼓判「僕も時間がかかったけど……」

オコン、ピアストリのF1デビューは”時間の問題”と太鼓判「僕も時間がかかったけど……」
コメントを読み込む