ナイジェル・マンセル、ウイリアムズFW14Bを30年ぶりにドライブ「あの成功の日々を、昨日のように思い出す」

ナイジェル・マンセルが、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでウイリアムズFW14Bを30年ぶりにドライブ。自身がF1タイトルを獲得した日々に思いを馳せた。

Nigel Mansell, Williams FW14B

写真:: Williams

 ナイジェル・マンセルが、2022年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで、1992年にF1ワールドチャンピオンを獲得した時の愛車”ウイリアムズFW14B・ルノー”をドライブ。詰めかけた観衆を魅了した。

 このウイリアムズFW14Bは、鬼才エイドリアン・ニューウェイがデザインしたマシンであり、リ・アクティブサスペンションをはじめとしたハイテク機器で武装。1992年のF1で圧倒的な強さを見せ、マクラーレン・ホンダやベネトン、フェラーリなどをまったく寄せ付けなかった。同年のマンセルは開幕5戦連続のポール・トゥ・ウインを挙げるなど、16戦中9勝、ポールポジション14回という強さだった。

 ウイリアムズFW14Bは、1992年シーズン終了後しばらく走行していなかったが、2017年にチームの創設40年を記念して復活。カルン・チャンドックの手により、シルバーストンを久々に走った。そして今回、ついにマンセルがステアリングを握る瞬間がやってきた。

 走行を前にコクピットに収まった時、既に感無量だったと語ったマンセルは走行を終え、次のように語った。

「コーナーでは信頼して乗ることができたよ。とても古いマシンだからデリケートだけどね。ギヤボックスもうまく動いていないから、クラッチはは少しトリッキーだった」

 そうマンセルはインタビューで語った。

「印象的なマシンのうちの1台であり、我々が成功したのは本当に特別なことだ。今ここに座っていると、30年も前のことには思えない。昨日のことのように感じる」

「このマシンは私にピッタリだ。ここで眠ることだってできる。そして、勝った全てのグランプリやポールポジションのことを思い出させてくれた。私にとっては本当に特別な歴史だ」

 なおFW14Bのコクピットでインタビューを受けるマンセルを遠目で見ていたのが、メルセデスのジョージ・ラッセルだった。ラッセルは昨年までウイリアムズに在籍していた、言わばマンセルの後輩である。

 マンセルはラッセルの姿を見つけると手招きして呼び寄せ、そして固い握手とかわすと、ふたりは柔和な表情で語り合い始めたのだった。

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 【ギャラリー】ナイジェル・マンセル、ウイリアムズFW14B、フェラーリ639、ロータス25を駆る
次の記事 F1、“100%”持続可能な燃料を2026年に導入へ。二酸化炭素排出ゼロに向け進捗を発表

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

あと1〜2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」

あと1〜2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」

F1 F1
エミリア・ロマーニャGP
あと1〜2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」
フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝

フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝

F1 F1
エミリア・ロマーニャGP
フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞

F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞

F1 F1
エミリア・ロマーニャGP
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」

ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」

SF スーパーフォーミュラ
第2戦:オートポリス
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本