角田裕毅、ガスリーとの接触は自らのミスと認める。チームも「ユウキの動きは最善ではなかった」

角田裕毅はF1イギリスGPでチームメイトのピエール・ガスリーとクラッシュ。サバイバルレースとなる中、ダブル入賞の機会が潰えてしまった。

角田裕毅、ガスリーとの接触は自らのミスと認める。チームも「ユウキの動きは最善ではなかった」
Listen to this article

 アルファタウリの角田裕毅は、F1イギリスGPを14位で終えた。

 角田は1回目のスタートの際、前方で起きた多重クラッシュに巻き込まれ、フロントウイングを破損。赤旗で中断される中、なんとか自力でピットまで戻り、マシンを修復。再スタートに備えることができた。

「レースのスタート時の接触を完全に避けることはできず、マシンが横向きに僕の前に出てきたんです。何もできませんでした」

 そう角田はプレスリリースに語った。

「幸い僕はフロントウイングを壊しただけで、赤旗中にピットに戻り、リスタートしてレースを続けることができました」

 その再スタートをうまく決めた角田は、一時7番手まで浮上。事前にはレースペースの面では苦しいのではないかと思われた中、素晴らしいレースを展開した。

 しかし、チームメイトのピエール・ガスリーと接触してしまう。

「残念なことに、その後ピエールと接触してしまいました。確認する必要があると思いますが、彼を抜くのに別の機会を待つこともできたと思います。コーナーに突入するスピードが良かったので、オーバーテイクできると思いましたし、ピエールがスペースを閉じてくるとは思ってもいませんでした。これは僕のミスです」

「チームに申し訳ないと思います。そして接触の後はマシンにダメージがあり、ドライブするのがとても難しく、残りのレースは非常に苦労しました」

 ガスリーは角田との接触の影響により、リタイアすることを強いられた。

「ユウキとの事件で、リヤウイングにダメージがあった」とガスリーは言う。

「それで、リタイアしなければいけなかったんだ。今季のようなシーズンでは、全てのポイントが重要だ。不必要なクラッシュだったため、今日の結果には失望している」

 またテクニカルディレクターにジョディ・エジントンも、角田の動きは最善のモノではなかったと指摘した。

「チームメイト同士の接触は決して良いモノではない。今回は両方のマシンが大きなダメージを受け、うち1台はリタイアしなければいけなかった」

「今回ユウキが行なった動きは最善のモノではなく、避ける必要があった。チームとしては、必要な話し合いを行なうことになる」

 
Read Also:

シェア
コメント
フェラーリ、ルクレールにピットストップさせなかった理由を説明「今日もまた、運が悪かった……」
前の記事

フェラーリ、ルクレールにピットストップさせなかった理由を説明「今日もまた、運が悪かった……」

次の記事

フェラーリは速すぎた……今季初めて優勝争うも、ハミルトン「一歩近づいたけどまだまだ改善が必要」

フェラーリは速すぎた……今季初めて優勝争うも、ハミルトン「一歩近づいたけどまだまだ改善が必要」