契約延長の角田裕毅、初挑戦のシンガポールに挑む「暑く湿度が高いけど、日本でも同じだから大丈夫!」

アルファタウリの角田裕毅が、F1シンガポールGPに向けてコメント。ハンドルを常に動かす忙しいサーキットだという印象があると語ったが、気温と湿度に対応することには自信を持っているようだ。

契約延長の角田裕毅、初挑戦のシンガポールに挑む「暑く湿度が高いけど、日本でも同じだから大丈夫!」
Listen to this article

 アルファタウリの角田裕毅が、F1シンガポールGPを前にコメントを発表。初挑戦となる”アジアの市街地サーキット”でも、ポイント獲得を目指すと語った。

 角田が9月22日に、来季もアルファタウリに残留することが発表された。これにより、今後のレースにより集中して臨むことができると語った。

「契約がもう1シーズン延長されたことを、とても嬉しく思います。先週の発表の少し前に、契約が延長できることを伝えられました」

 角田はアルファタウリのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「残留できることについては、かなり自信がありました。でもそれが確認されるまでは、少しストレスを感じていました。マシンに乗っている時には気にならないんですが、コースを離れると少し考えてしまいました。だからこういう心配をすることなく、シンガポールGPと日本GPに向かうことができ、レースの週末とそれに向けた準備だけに集中することができます。ワクワクしていますよ」

 角田は今回がシンガポールGP初挑戦。その公道サーキットの印象について「忙しいコース」だと語った。

「シンガポールは初めてのコースなので、簡単なイベントにはならないと思います。でも、通常の新しいサーキットと同じようなプロセスで、フリー走行中1周ごとに掴んでいこうと思っています。簡単ではないと思いますが、マシンからパフォーマンスを引き出していくことができれば、ポイント獲得を目標にすることができると思います」

「シミュレータでシンガポールのコースをドライブしてきましたが、すごく忙しいトラックです。1周走る間に休む場所がなく、ハンドルを常に動かしている状態です」

「湿度が高く、気温も暑いので、体力的にはキツいと思います。でも、日本でも同じようなコンディションになることがあるので、予想はつきます。こういう状況に適応するために、僕はかなり前からトレーニングしてきました。そしてヨーロッパ時間での作業に慣れるのは、それほど問題にはならないと思います」

 
Read Also:
シェア
コメント
来季マクラーレンからデビューのピアストリ。カーナンバーは81に決定「カート時代に使っていた番号だけど、どうして選んだかは覚えていないんだ」
前の記事

来季マクラーレンからデビューのピアストリ。カーナンバーは81に決定「カート時代に使っていた番号だけど、どうして選んだかは覚えていないんだ」

次の記事

ピアストリが感激した、リカルドからの”1本の電話”「彼のことは尊敬していたんだけど、それがさらに高まった」

ピアストリが感激した、リカルドからの”1本の電話”「彼のことは尊敬していたんだけど、それがさらに高まった」