角田裕毅、復活したHONDAロゴを背負うことに”光栄”と喜ぶ「ホンダさんがいなければ、僕は絶対にここまで来られなかった」

アルファタウリの角田裕毅は、F1日本GPからHONDAのロゴがマシンに復活することを喜び、「ホンダがいなければF1に辿り着くことはできなかった」と語った。

角田裕毅、復活したHONDAロゴを背負うことに”光栄”と喜ぶ「ホンダさんがいなければ、僕は絶対にここまで来られなかった」
Listen to this article

 今回の日本GPから最終戦アブダビGPまで、レッドブルとアルファタウリのマシンに”HONDA”のロゴが入れられることになった。これについてアルファタウリの角田裕毅は、鈴鹿でホンダのロゴを付けて走れるのは「光栄だ」と語った。

 2021年限りでF1活動を終了させたホンダは、現在もHRC(ホンダ・レーシング)を通じて、レッドブル・パワートレインズに技術支援を行なっている。実際、レッドブル・パワートレインズのパワーユニット(PU)は、ホンダが開発し、今も製造・組み立てを行ない、レース中もサポートを行なっている。

 ただそのPUを搭載するレッドブルとアルファタウリのF1マシンにはホンダのロゴはなく、HRCのロゴが貼られていただけだった。そんな中今週末の日本GPから、”HONDA”のロゴが復活。ファンは大いに喜んだ。

 これについて尋ねられた角田は、次のように語った。

「ホンダさんには2017年からサポートしていただいています。ホンダさんなしでは絶対にここまで来られなかっただろうし、また一緒にホンダさんとのレースを、しかも鈴鹿で走れるというのは、すごく光栄に思いますし、さらに気持ちが高まります」

「感謝の気持ちを込めて走りたいと思います」

 そう角田は語ったが、HRCのロゴがついているだけで、ホンダからのサポートを受けているのが実感できたという。

「HRCのロゴが入っているだけで、ホンダさんと一緒に戦っているという気持ちになります。まったくホンダさんのロゴがなければ違うなと思うと思いますけど、すっとホンダのロゴと一緒に走っているような感じでした」

 
 
Read Also:

シェア
コメント

フェルスタッペン、ホンダとの関係強化を歓迎。ガスリーも「チーム内では今もホンダPUと呼んでいる」

まずはコースを外れないこと! 初の母国レース迎えた角田裕毅に”先輩”ガスリーがアドバイス「興奮を抑えることが重要」

最新ニュース

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

F1 F1

ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会 ライブ配信|いざタイトル防衛へ。レッドブル・レーシング、2023年マシン『RB19』発表会

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

Indy IndyCar

ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る ミニチュア版なら”一生モノ”。マーカス・エリクソン、インディ500勝者の証「ベイビー・ボルグ」を受け取る

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

Auto Automotive

フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で フェラーリ、2022年の販売台数・純利益は過去最高を記録。F1タイトル争い失速し逃した裏で

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?

LM24 Le Mans

ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上? ただのステッカーじゃありません! ル・マン仕様NASCARカップカー、ヘッドライトを初搭載。性能はGT3より上?