セバスチャン・ベッテル、最後の日本GPへ「鈴鹿は特別なサーキット。素晴らしいファンもいるし、魔法のような雰囲気なんだ」

今季限りでF1引退を表明しているセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)が、これまで4勝を挙げている鈴鹿での日本GPに向けてコメント。「魔法のような雰囲気だ」とその感触を語った。

セバスチャン・ベッテル、最後の日本GPへ「鈴鹿は特別なサーキット。素晴らしいファンもいるし、魔法のような雰囲気なんだ」
Listen to this article

 アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルが、F1日本GPに向けてコメントを発表。舞台となる鈴鹿は、お気に入りのサーキットだと語った。

 ベッテルは2007年にF1デビュー。当時F1日本GPの舞台は富士スピードウェイだったが、キャリア3年目の2009年から、鈴鹿サーキットが日本GPの開催コースとなった。

 ベッテルは同年に鈴鹿初勝利を手にすると、翌年も勝利。以後2012年、2013年にも勝ち、通算4勝。その他4回の表彰台を獲得した。そして今季限りでF1引退を表明しているベッテルにとっては、最後の日本GPとなる。

「鈴鹿は素晴らしいサーキットなんだ。実際、カレンダーの中でもお気に入りのサーキットのひとつだ」

 ベッテルはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「この場所には、たくさんの特別な思い出がある、コースは特別だし、ファンも本当に素晴らしい。全体的に、雰囲気は魔法のようなんだ」

「鈴鹿はチャレンジングなサーキットであり、1周を完璧にまとめることができればとても満足するんだ」

 ベッテルは、ベルギーGPでポイントを獲得することができたため、鈴鹿でも好成績を収める可能性があると期待しているようだ。

「今週末のパフォーマンスを、正確に予測するのは難しい。でも、ダウンフォースの少ないサーキットであるスパでは、ポイントも獲得できたからね」

 チームメイトのランス・ストロールも、鈴鹿を走るのを楽しみにしているようだ。

「鈴鹿に戻ることに、本当に興奮している。真のドライバーズサーキットであり、チャレンジを心から楽しんでいる。世界で最高のサーキットのひとつだからね」

 ストロールもそう語った。

「特に最初のセクターは、カレンダーの中でも特にスリリングな区間だ」

「これまではオーバーテイクが簡単なコースではなかった。でもマシンが変わったことにより、それが改善できることを願っているよ」

 
Read Also:

シェア
コメント
マクラーレン信じ続けるノリス、今は雌伏の時か……「それも将来に向けた一部」
前の記事

マクラーレン信じ続けるノリス、今は雌伏の時か……「それも将来に向けた一部」

次の記事

”前回の”日本GP勝者ボッタス、3年ぶりに鈴鹿へ「ファンはとても情熱的に歓迎してくれる」

”前回の”日本GP勝者ボッタス、3年ぶりに鈴鹿へ「ファンはとても情熱的に歓迎してくれる」