F1 イギリスGP

アストンマーティンF1、フェラーリを離脱したばかりのエンリコ・カルディレ起用を決定「このブランドを成功に導く」

フェラーリを離脱することになったエンリコ・カルディレが、アストンマーティンに加入することが決まった。

Lance Stroll, Aston Martin AMR24, Nico Hulkenberg, Haas VF-24, Fernando Alonso, Aston Martin AMR24

Lance Stroll, Aston Martin AMR24, Nico Hulkenberg, Haas VF-24, Fernando Alonso, Aston Martin AMR24

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

 アストンマーティンF1は、フェラーリを離脱したばかりのエンリコ・カルディレが、2025年シーズンからチームに加入し、チーフ・テクニカル・オフィサーを務めることになった。

 7月8日にフェラーリを離れることが明らかになったカルディレ。彼はこれまで、空力・シャシー部門のテクニカル・ディレクターを務めてきた人物だ。それから約1日後、アストンマーティンがプレスリリースを配信し、フェラーリを離れることが明らかになったばかりのカルディレを獲得し、チーフ・テクニカル・オフィサーとして起用することを発表した。

 カルディレのアストンマーティンへの移籍は、以前から噂されてきたもの。そしてその噂が現実のものとなった格好だ。

 カルディレがアストンマーティンに加わるのは2025年から。そして新レギュレーションが施行される2026年に向けた開発作業を率いることになるようだ。

「2026年のレギュレーション大変更を前に、我々は技術面のリーダーシップチームの強化を目指しており、エンリコを歓迎したいと思う」

 アストンマーティンF1のエクゼクティブ・チェアマンであるローレンス・ストロールはそう語った。

「我々のチームに世界レベルの才能が加わり続けていることに興奮している。エンリコはF1で成功したいという私のモチベーションを共有してくれている。その野望を実現するため、あらゆるリソースを彼に提供するつもりだ」

「10月には、アンディ・コーウェルもグループCEOに就任する。現在のリーダーたちと共に、我々は強力なチームを作り上げているのだ」

 またチーム代表のマイク・クラックも、次のように語ってカルディレの加入を歓迎した。

「エンリコをアストンマーティンに迎えることができ、嬉しく思っている」

 そうクラック代表は語った。

「エンリコはフェラーリで20年間働いてきた経験を持っている。これは我々の技術戦略に、新たな視点をもたらしてくれるはずだ。これは2026年からの新レギュレーションに向けて準備を進める上で重要な人事であり、我々の旅路の、重要な次のステップだ」

 またフェラーリからアストンマーティンに移籍することが決まったカルディレ本人も、次のように語った。

「アストンマーティンに加わることを楽しみにしている」

 そうカルディレは語った。

「野望と願望は明らかだし、その旅路に参加できるまたとないチャンスだ」

「チームと協力して、この象徴的なブランドを成功に導くことを楽しみにしている」

 なおアストンマーティンには、レッドブル離脱が決まっているエイドリアン・ニューウェイも加入するという噂がある。

 

前の記事 フェラーリ、アップデート不発で”2~3ヵ月”分の開発が無駄? しばらくはフロアの使い分けが必要に
次の記事 「ザク・ブラウンって誰?笑」フェルスタッペン、マクラーレンCEOのF1取り締まり強化提案にどこ吹く風

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本