ヨス・フェルスタッペンがオーストリアGPでレッドブルRB8をデモランへ。息子マックスとの”共演”が実現?

F1オーストリアGPの週末には、マックス・フェルスタッペンの父親であるヨス・フルスタッペンがレッドブルRB8を駆り、デモ走行を披露する予定だ。

Jos Verstappen with Max Verstappen, Red Bull Racing

Jos Verstappen with Max Verstappen, Red Bull Racing

写真:: Getty Images / Red Bull Content Pool

 レッドブルリンクで行なわれるF1オーストリアGPでは、数々のデモランが行なわれる予定だ。その中で、マックス・フェルスタッペンの父親であるヨス・フェルスタッペンによる、レッドブルRB8のデモランが実施されることとなった。

 今年のオーストリアGPは、スプリントフォーマットでの開催となるだけでなく、コース上で様々なアクティビティが行なわれる予定だ。そんな中、今年の目玉となりそうなのが、”レジェンド・パレード”である。

 このレジェンド・パレードは、これまでのオーストリアGPで優勝したマシンやドライバーにスポットライトを当てたものである。そんな中、元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペンが、レッドブルRB8をドライブすることになった。

 RB8は2012年シーズンを戦ったF1マシン。セバスチャン・ベッテルとマーク・ウェーバーがドライブし、合計7勝を挙げ、ダブルタイトルを獲得した。ただ、同シーズンにはオーストリアGPは開催されていないため、イベントの趣旨とは少し合わない。ただそれでも、現在のF1で圧倒的な強さを見せるレッドブルのマックス・フェルスタッペンの父親であるヨス・フェルスタッペンが乗るということもあって、注目を集めている。

 ヨス・フェルスタッペンは1994年にベネトンからF1デビュー。その後シムテックやフットワーク、ティレル、スチュワート、アロウズ、ミナルディを渡り歩いた。1999年にはF1ワークス参戦を目指していたホンダのテストドライバーに就任して、RA099をドライブ。当時、まだ2歳だったマックス・フェルスタッペンがRA099のコクピットに収まり、F1マシンを”初体験”したというのはあまりにも有名である。

 このヨス・フェルスタッペンの他にも、たくさんのレジェンドがこのイベントに参加する。エマーソン・フィッティパルディは、1972年のオーストリアGPを制したロータス72をドライブする。また、エリオ・デ・アンジェリスが1982年のオーストリアGPを制した時の愛機であるロータス82を、ジョニー・ハーバートがドライブする。デビッド・クルサードは、イベントで走らせるのはレッドブル”1台目”のRB1であるが、マクラーレン時代の2001年に、オーストリアGPを制している。また2002年のオーストリアGPでミハエル・シューマッハーに勝利をもたらしたフェラーリF2002を、ゲルハルト・ベルガーが走らせることも決まった。

 
前の記事 F1ラスベガスGP、底力が試されるのは”第2回”? 初開催は成功裏に終わるも「どんなことからも学ぶことがある」
次の記事 メルセデスF1、トモダチ改造計画でW15を“ドライバーの味方”に「改善のためにマシンをいじめ抜く」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本