F1 日本GP

F1日本GPで掲げられた”のぼり”は約500枚が販売。鈴鹿サーキット、売上金約518万円を日本赤十字社に寄付

鈴鹿サーキットが、F1日本GPの際に場内に掲出されたのぼりのチャリティ販売の結果を発表。売上金のうち518万円が寄付されたことを明らかにした。

2024F1日本GPで掲示予定のドライバー応援のぼり

日本GPの際に掲げられたのぼりのイメージ

写真:: Mobility Land

 鈴鹿サーキットは、今年のF1日本GPの際に場内に掲げられたのぼりのチャリティ販売の売り上げを、日本赤十字社に寄付したことを発表した。寄付された金額は、518万8484円だったという。

 こののぼりは、F1日本GPの際に鈴鹿サーキットの場内各所に掲げられたもので、現在F1に参戦中の20人のドライバーと桜がデザインされたものだった。

 2023年の日本GPの際には、レース終了後にのぼりが無断で持ち去られる事例が多数発生したことから、2024年の開催ではグランプリ終了後にチャリティ販売にかけられることになっていた。

 そして2024年の日本GP決勝レース翌日の4月8日から、1枚1万6500円(税込)で販売開始。最終的に約500枚が販売されたという。この売り上げから、諸経費を除いた518万8484円が日本赤十字社に寄付された。

 

前の記事 もしルノーがPUメーカーから撤退したらどうなる? アルピーヌF1のパートナー候補はホンダとメルセデス……カギは“供給義務”
次の記事 アクティブエアロを導入するなら……サインツJr.、次世代F1マシンでのアクティブサスペンション復活を希望

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本