フリー走行レポート
F1 スペインGP

地元サインツJr.がトップタイム記録……フェラーリvsマクラーレンの構図か? RB角田裕毅は予選に向け不安の残る18番手|F1スペインGPフリー走行3回目

フェラーリのカルロス・サインツJr.がF1スペインGPフリー走行3回目でトップタイムをマーク。RBの角田裕毅は18番手に沈み、予選に向けて不安の残る格好となった。

Carlos Sainz, Ferrari SF-24, Lando Norris, McLaren MCL38

Carlos Sainz, Ferrari SF-24, Lando Norris, McLaren MCL38

写真:: Steven Tee / Motorsport Images

 F1スペインGPのフリー走行3回目が行なわれ、フェラーリのカルロス・サインツJr.がトップタイムをマーク。RBの角田裕毅は18番手だった。

 2024年のスペインGPは、2日目も晴れ。ドライコンディションで1時間のFP3がスタートした。気温は26度、路面温度は41度だった。

 セッション開始早々にコースインしたのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。他のマシンはコースインせずガレージで様子を伺ったため、ソフトタイヤを履いての専有走行のような状況となった。

 ハミルトンが1分14秒178を記録しピットに戻ると、他のマシンも続々とコースに向かった。ただハミルトンとは異なり、ハードタイヤやミディアムタイヤを履くマシンが多かった。

 そんな中、チームメイトのジョージ・ラッセル、フェラーリの2台が、ハミルトンのタイムを上回っていった。彼らはいずれもソフトタイヤでの走行だった。

 その後、ミディアムタイヤを履いたマクラーレンのランド・ノリスが2番手に割って入った。

 残り20分を切ろうかという頃から、各車が2セット目のタイヤを投入。ノリスはソフトタイヤを履いてコースインしたが、トラフィックに阻まれ、タイムを更新することができなかった。チームメイトのピアストリも、セクター1と2では好ペースで走ったものの、最終セクターでミス。ポジションこそ上げたものの7番手止まりだった。

 なおノリスはアタックをやり直し、1分13秒043を記録して首位に立った。

 ハミルトンはこのセッション2セット目のソフトタイヤを投入したが、ノリスには届かず2番手。なおこのハミルトンは、スローラップ中にアストンマーティンのランス・ストロールと接触するシーンもあったが、大事には至らなかった。

 残り10分を過ぎると、フェラーリ勢やレッドブル勢もアタックラップを実施。カルロス・サインツJr.(フェラーリ)が首位に立って、地元スペインのファンを沸かせた。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、サインツJr.やノリスにも届かなかった。

 上位勢で最後にアタックを行なったのがシャルル・ルクレール(フェラーリ)。ルクレールはセクター1とセクター2で全体ベストタイムを記録したものの、セクター3ではサインツJr.より約0.2秒遅れてしまい、ラップタイムでも3番手に留まった。

 結局サインツJr.が首位でFP3が終了。ノリスが2番手、3番手にはルクレールが入った。なおチェッカーフラッグが振られる直前、ノリスとルクレールがコース上で接触するシーンもあった。

 RB勢は初日に続けて苦しい展開。ダニエル・リカルドは16番手、角田裕毅は18番手と下位に沈んだ。今回大規模なアップデートを投入してきたRBだが、ここまでのところ、効果的には機能していないように見える。予選での巻き返しなるか、注目である。

 

前の記事 F1スペインFP3速報|サインツJr.最速! ノリス挟んでフェラーリが1-3と好調。RBは角田裕毅&リカルド共に下位に沈む
次の記事 苦しいRB勢! 角田裕毅とリカルドが揃ってQ1敗退……アップデート不発か|F1スペインGP予選Q1速報

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本