F1 スペインGP

ランド・ノリスの絶品スーパーラップ! フェルスタッペンを下してポールポジション獲得。角田裕毅大苦戦17番手|F1スペインGP予選速報

マクラーレンのランド・ノリスが、予選Q3の最後のアタックでスーパーラップを披露。F1スペインGPのポールポジションをもぎ取った。RB勢は大苦戦し、角田裕毅は17番手でQ1敗退となった。

Lando Norris, McLaren MCL38

Lando Norris, McLaren MCL38

写真:: Sam Bagnall / Motorsport Images

 F1スペインGPの予選が行なわれ、マクラーレンのランド・ノリスがトップタイム。日曜日の決勝レースを、ポールポジションからスタートすることになった。

 ノリスは最後の最後で、1分11秒383を記録。2番手となったレッドブルのマックス・フェルスタッペンに0.020秒の差をつけた。

 フェルスタッペンは初日から上位に顔を出さず、苦戦しているようにも思われた。しかし予選になると一気に速さを増しポールポジション間違いなしかと思われたが、最後ノリスのスーパーラップの前に屈した。

 グリッド2列目は3番手ルイス・ハミルトン、4番手ジョージ・ラッセルと、メルセデス勢が占めた。フェラーリ勢は5番手シャルル・ルクレール、6番手カルロス・サインツJr.だった。

 今季開幕直後はトップ5チームの一角に数えられていたアストンマーティン勢は苦戦し、フェルナンド・アロンソ11番手、ランス・ストロール14番手と、揃ってQ2敗退となった。

 それ以上に厳しい状況となっているのはRB勢だ。RB勢は今回のグランプリにアップデートを投入し、躍進が期待されたが、これがここまでは全くの不発。角田裕毅は17番手、チームメイトのダニエル・リカルドも18番手と、2台揃ってQ1脱落となった。

 

前の記事 苦しいRB勢! 角田裕毅とリカルドが揃ってQ1敗退……アップデート不発か|F1スペインGP予選Q1速報
次の記事 ノリス、フェルスタッペン下しキャリア2回目のポールポジション獲得。失速RB角田裕毅は17番手|F1スペインGP予選

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本