F1 スペインGP

角田裕毅も期待大! RB、スペインGPでアップデート投入へ「シミュレーションでも違いを感じる」

角田裕毅擁するRBが、今週末に行なわれるF1スペインGPにアップデートを投入する予定。角田裕毅も「違いを感じる」と手応えを語った。

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

角田裕毅がドライブするRBのVCARB01

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

 RBは今週末に行なわれるF1スペインGPに、大規模なアップデートを投入する予定だ。ドライバーの角田裕毅も、このアップデートは「シミュレーションでも違いを感じる」と手応えを語った。

 今季のRBは、特に角田裕毅が安定してポイントを稼いでおり、チームメイトのダニエル・リカルドと合わせてここまで28ポイントを獲得し、コンストラクターズランキング6番手につけている。カナダGPでは角田がノーポイントに終わったことで、ランキング5番手のアストンマーティンとの差が開いてしまったが、その前の数戦はRBがアストンマーティンを凌駕する、そんな勢いだった。

 この勢いを加速させるべく、RBは今週末のスペインGPで、VCARB01に大規模アップデートを投入する予定。”目に見えるパフォーマンスの向上”を実現したという。

「中団グループの戦いは極めて熾烈であり、ポイント獲得のチャンスがあるこのグループの先頭に立つためには、グランプリをうまく戦い抜かなければいけない」

 テクニカルディレクターのジョディ・エジントンはそう語った、

「他のグランプリと同様、シミュレータとオフラインツールで、このイベント(スペインGP)に備えて集中的な準備を行なってきた。ファエンツァとビスター(のファクトリー)は、フロアやボディワーク、リヤウイングで構成される空力アップデートを、2台のクルマに対して準備してくれた。目に見えるパフォーマンスの向上を実現するためにだ」

「このアップデートを投入するため、金曜日のセッションは、できるだけ多くのデータを収集して処理し土曜日以降に備えるため、特に忙しくなる」

 なお角田裕毅も、DAZNの番組『Wednesday F1 Time』に出演し、アップデートに対する期待を語った。

「シミュレーションでも差を感じるようなアップデートなので、そのシミュレータ通りにいけば、良いラップタイムを望めると思います」

「そもそもクルマがそのサーキットに合うのか合わないのかというところもありますが、過去数戦見ていると、合わないコースはなかったので、そこは心配していないです」

 

前の記事 低速コーナー改善のマクラーレン、高速域の強みはそのまま維持? 次戦スペインGPにも自信
次の記事 もしルノーがPUメーカーから撤退したらどうなる? アルピーヌF1のパートナー候補はホンダとメルセデス……カギは“供給義務”

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本