F1 オーストリアGP

F1参戦250戦目。RBダニエル・リカルド、F1オーストリアGPに特別ヘルメットで挑む「状況を好転させたい」

今週末のF1オーストリアGPで、RBのダニエル・リカルドはF1参戦通算250戦目を迎える。リカルドはこのグランプリで、前戦スペインGPでの苦境から立ち直りたいと語る。

Daniel Ricciardo, Visa Cash App RB F1 Team

Daniel Ricciardo, Visa Cash App RB F1 Team

写真:: Sam Bagnall / Motorsport Images

 RBのダニエル・リカルドは、今週末に行なわれるオーストリアGPで、F1参戦250戦目を迎える。これを記念して、特別ヘルメットを用意するようだ。

 前戦スペインGPで大規模アップデートを投入したRB。躍進が期待されたが、逆にパフォーマンスを大きく落とす結果となり、最後尾を争う形となってしまった。

 リカルドは予選18番手、決勝15位と、入賞には全く届かなかった。そこから、早急に巻き返す必要があり、オーストリアGP前に配信されたプレスリリースの中でリカルドは、「バルセロナの後、状況を好転させたいと思っている」とコメントしている。

 そんなリカルドは、今週末のオーストリアGPで、F1参戦250戦目を迎える。彼のデビュー戦は2011年のイギリスGP、HRTのマシンが相棒だった。

「オーストリアには、楽しみな理由がたくさんあるんだ」

 リカルドはそう語った。

「僕にとっては、250戦目のグランプリだから、すごいよね」

「今週末は特別なデザインのヘルメットで走る予定だ。楽しいレースになるはずだし、レッドブルのホームコースであるレッドブルリンクでの開催なので、いつもよりたくさん応援してもらえる。チームにとってもブランドにとっても良いことだし、特別なレースだ」

 スペインでの苦戦から状況を好転させるには、難しい状況でもある。それは、オーストリアGPはスプリント・フォーマットで行なわれるため、1時間のフリー走行を1回走っただけで、スプリント予選に挑まなければならないのだ。

「バルセロナの後、状況を好転させたいと思っている。スプリントの週末なので、フリー走行は1回だけ。時間はあまりない。だから、全力で挑まなければいけない」

「そのための準備はできているよ」

前の記事 やや失速気味のフェラーリ、サインツJr.はオーストリアでの復活に期待「スペインは僕たちの苦手とするサーキット」
次の記事 フェルスタッペン、2025年のレッドブル残留を明言「すでに来年のマシン開発にも取り組んでいる」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本