F1 オーストリアGP

F1分析|角田裕毅の”第1スティント引っ張る作戦”は失敗だった? タイヤ交換のタイミング遅らせたメリットを活かせず

F1オーストリアGPで入賞には届かなかった角田裕毅(RB)。第1スティントを引っ張る作戦に出たが、レースペースを見ると、そのアドバンテージを活かせなかったように見える。

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

写真:: Red Bull Content Pool

 角田裕毅(RB)は、F1オーストリアGPの決勝レースを14位でフィニッシュした。一時13番手を走り、当時ひとつ前の12番手を走っていたチームメイトのダニエル・リカルドが9位入賞を果たした理由を検証すると、その戦略が足枷となった可能性があることが分かる。

 RB勢はリカルドが11番グリッド、角田が14番グリッドからオーストリアGPの決勝レースをスタートさせた。2周目を終えた段階ではリカルドが12番手、角田は13番手。うまくいけば、ダブル入賞も不可能ではない、そんな状況に見えた。

 そんな中リカルドは、ふたつ前のポジションを走るケビン・マグヌッセン(ハース)と共に、10周と予想よりもかなり早い段階で最初のピットストップを実施。一方で角田は第1スティントを引っ張り、21周を走ったところでピットに向かった。

 新しいタイヤに履き替えれば、当然ペースが上がる。この上がったペースと、タイヤを履き替える前の遅いペースの差を活かしてポジションを上げることを”アンダーカット”と言う。リカルドはこのアンダーカットを成功させ、アルピーヌ勢の前に出ることに成功。2回目のピットストップも早めに入ることで、ポジションを守り9位入賞に繋げた。

 角田は逆に、1回目のピットストップの際にアストンマーティンのフェルナンド・アロンソなど複数台にアンダーカットを許し、さらに2回目のピットストップではもう1台のアストンマーティンであるランス・ストロールらに先行されたことで、結局14位でのフィニッシュとなった。

 これだけでも、今回の戦略がうまくいかなかったということが分かる。

F1オーストリアGP決勝レースペース分析:中団グループ

F1オーストリアGP決勝レースペース分析:中団グループ

写真: Motorsport.com Japan

 上のグラフは、F1オーストリアGPの決勝レースで、角田の周りを走ったマシンのラップタイム推移をグラフ化したものだ。これを見ると、もうひとつ角田の戦略がうまくいかなかった要素があるのが分かる。

 前述の通り、タイヤを交換すればラップタイムは速くなる。ただし2箇所の赤丸で示した部分を見ていただくと分かる通り、ピットストップを終えたばかりの角田のペースは、ずっと前にタイヤを交換したマシンのペースと変わらなかったのだ。これでは、タイヤが新しいことのアドバンテージを活かすことができない。

 1回目のピットストップの後にペースが上がらなかったのは、パフォーマンスが優れなかった周冠宇(キック・ザウバー)の真後ろでコースに復帰することになったから。ただ周を抜いた後も、角田のペースが上がらなかったのが気がかりだ。

 2回目のピットストップの後も、角田は誰かに抑えられたわけではなかったが、ペースは上がらなかった。

 これについて角田はレース後、「ペースが上がらなかった理由を突き止めなければいけない」と語っている。

 一方でRBのチーフエンジニアであるクラウディオ・バレストリは、「レース前半の段階で、ふたりの戦略を分けることを決めた」と説明している。ただ戦略を分けるのであれば、逆にするべきだったようにも思う。

 決勝レースを迎えた時点で、リカルドはハードタイヤとミディアムタイヤを、それぞれ2セットずつ持っていた。つまり、ミディアム→ハード→ミディアムとタイヤを繋ぐこともできたわけだ(実際にはミディアム→ハード→ハード)だった。ミディアムタイヤを2セット残しているアドバンテージを最大限活かすためには、1スティント目を長く走り、ハードに繋いで、ライバルがハードタイヤを履く最終スティントでミディアムを履き、そのアドバンテージを活かすということも考えられただろう。

 一方で角田は、ミディアムタイヤはスタート時に履いた1セットしか残っていなかったので、ミディアム→ハード→ハードと繋ぐしかなかった。その状況では、リカルドのように早めにピットストップし、粘り込みを狙うことが上位を目指す最善策だったように思える。確かにリカルドのようにミディアムが2セット残っていれば、最初のスティントを引っ張ることでアドバンテージを見出すことができたかもしれないが……角田はリカルドとは異なり、スプリント予選のSQ2に進出したことで、新品ミディアムの残り数に1セットの差が生じていたのだ。

 もうひとつ考えられるのが、リカルドには正攻法でレースをさせ、セーフティカー出動など何らかの混乱があった時に角田に上位を狙わせるという戦略だ。ただ今回のレースではバーチャル・セーフティカーしか出なかった。

 しかし前戦スペインGPでは、入賞など全く狙えそうもなかったRB。ここオーストリアでは復調の兆しを見せ、リカルドが実際に入賞したことは、ポジティブに捉えるべきだろう。ただハースやアルピーヌが戦闘力を増してきているため、シーズン後半に向けては厳しい戦いが続く可能性がある。

 

前の記事 アルピーヌF1、チーム内“交戦規定”は効果ナシ? オーストリアでまたも対峙。ガスリー「チームは気に入らないはず」
次の記事 オーストリアでの接触で友情にヒビ? ノリス、フェルスタッペンが責任逃れをするなら「リスペクトを失う」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本