F1 オーストリアGP

F1オーストリアGPスプリント予選速報|フェルスタッペンがSQ1〜3全てでトップタイムの完全制圧。角田裕毅SQ2敗退14番手

レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、F1オーストリアGPのスプリント予選で最速タイムを記録。F1スプリントのポールポジションを獲得した。角田裕毅(RB)は14番手でSQ2敗退となった。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20

Max Verstappen, Red Bull Racing RB20

写真:: Zak Mauger / Motorsport Images

 F1オーストリアGPのスプリント予選が行なわれ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが土曜日に行なわれるF1スプリントのポールポジションを獲得した。RBの角田裕毅は、14番手だった。

 このオーストリアGPの舞台はレッドブルリンク。レッドブルお抱えのサーキットである。

 ここで速さを見せたのは、レッドブルのマックス・フェルスタッペン。SQ1とSQ2を共に最速で通過。SQ3でも1分4秒686の最速タイムをマークし、スプリント予選を完全制圧した。

 マクラーレンのランド・ノリスとオスカー・ピアストリが2番手、3番手に入った。フェラーリのシャルル・ルクレールはコースインが遅れたため、アタックラップに入る前にチェッカーを受けてしまい、SQ3ノータイムに終わった。


 角田裕毅はSQ1では派手にスピンするシーンがあったものの、15番手でなんとかここを突破。このスピンでフロアにダメージを負ってしまったようで、SQ2の走行までに修復するシーンが見られた。

 そのSQ2で角田は、セクター2まではかなり良いペースだったものの、セクター3で大きくタイムを失い、14番手。ここで脱落となった。セクター3を無難にまとめられればSQ3進出も十分可能だっただけに、ピットに戻った角田は悔しがる様子を見せた。

 

前の記事 メルセデスF1はついに殻を破った? ハミルトン悩ませた予選での苦戦原因を解明か。マシンよりも「単にタイヤの問題」
次の記事 フェルスタッペン、レッドブルの地元で最速! マクラーレン勢が続く。角田裕毅14番手|F1オーストリアGPスプリント予選

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本