F1 オーストリアGP

フェルスタッペン、2026年”登場”のレッドブル自社製パワーユニットに自信「ファクトリーには成功するために必要なモノが全て揃っている」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルが自社開発する2026年からのパワーユニットは、ファクトリーで順調に開発が進んでいると明かした。

Max Verstappen, Red Bull Racing

Max Verstappen, Red Bull Racing

写真:: Mark Sutton / Motorsport Images

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、2026年から同チームが使う予定の自社製パワーユニット(PU)の開発状況について、全員が最善を尽くしていると語った。

 現在はホンダ/HRC製のPUをレッドブル・パワートレインズ(RBPT)を介して使い、圧倒的なパフォーマンスを見せているレッドブル。最近ではマクラーレンやフェラーリの突き上げを受け、以前ほど楽な状況ではないものの、開幕から10戦を終えた段階でフェルスタッペンは7勝と、変わらず最強の座に君臨している。

 しかしレギュレーションが大きく変更される2026年から、レッドブルはホンダ製ではなく、RBPTが独自に開発するPUを使うことになっている。しかしこのRBPT製のPUは開発が思うように進んでいないと言われていて、フェルスタッペンも懸念も抱えているのではないか……そんな声も聞かれるようになっている。

 当のフェルスタッペンは、F1オーストリアGPの公式記者会見でこのRBPTのPU開発状況について尋ねられると、次のように語った。

「僕がエンジンを設計しているわけじゃないよ。でもその基本的なことを知り、プロジェクトがどこに向かっているかを知るのは、非常に重要だと思う」

 会見に登場したフェルスタッペンはそう語った。

「チームは優秀な人材を数多く採用した。正直に言って僕に言えることは、全員が全力で、最速のエンジンを作ろうとしているということだ。僕もその議論に参加したいと思っている」

「これは、チームの全員にとって非常にエキサイティングなプロジェクトだ。全員が最善を尽くしているということに、疑いの余地はない。もちろん、全てがどうなるのか、それは待ってみなければいけないね」

 そしてフェルスタッペンは、RBPTのファクトリーには成功するために必要なモノは全て揃っていると語った。

「僕がファクトリーで見た限りだと、成功するために必要なツールは全て揃っている。そしてもちろん、成功できることを願っているよ」

 

前の記事 アウディ、2026年F1新規参戦に向けたPU開発は予定通り「既にテストベンチでレース距離をシミュレートしている」
次の記事 スペインGPで大失速のRB、オーストリアGPのFP1で2台のマシンで比較テスト実施へ。角田裕毅「明確な説明が得られればいいんですが……」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本