F1 イギリスGP

角田裕毅、イギリスGP初日は厳しい1日に。でも悲観せず「理想的なスタートは切れなかったが、FP2で十分なデータを集められた」

F1イギリスGPの初日はRBの角田裕毅にとって厳しい結果となったが、それでも予選Q3進出を目指すことができると考えているようだ。

Yuki Tsunoda, Visa Cash App RB F1 Team, stands aside after spinning into the gravel during FP1

角田裕毅, Visa Cash App RB F1 Team, stands aside after spinning into the gravel during FP1

写真:: Sam Bagnall / Motorsport Images

 RBの角田裕毅は、F1イギリスGPの初日フリー走行1回目はスピンアウトもあり最下位、FP2は16番手で終えた。下位に低迷しているようにも見えるが、0.2秒ペースを上げることができれば、予選でQ3に進出できるはずだと自信を見せた。

 角田はFP1開始10分が過ぎようというところで、アタックラップ中にスピン。グラベルトラップに捕まってしまい、ここで走行を終了させることになってしまった。これについては理想的ではなかったものの、FP2では十分にデータを集めることができたと、角田は語った。

「FP1では、今週末に向けて理想的なスタートが切れず、貴重な走行時間を失ってしまいました」

 角田はチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「でも、FP2では十分なデータを集めることができたと思いますし、今自分たちがどこにいるのか、分かっていると思います」

「FP2ではこれほど苦戦するとは思っていませんでしたが、まだ時間はありますし、明日あとコンマ2秒を稼ぐことができれば、Q3進出を狙うことができると確信しています」

 シルバーストン・サーキットのコース特性は、RBの今季マシンVCARB01に合ったモノではなさそうだと角田は言うものの、それで諦めているわけではないようだ。

「僕らのマシンは、長い高速コーナーがあるこのコースの特性にはあまり適していないようです。他のドライバーたちは、ステップアップしているみたいです」

「彼らは良い仕事をしているので、僕らもさらに努力して、もっと戦えるようにしたいと思います」

 
前の記事 マクラーレン1-2! ノリスとフェルスタッペンのペースは同等……再び一戦交えるか? 角田裕毅16番手|F1イギリスGP FP2
次の記事 F1新規参戦アウディ、ドライバー起用条件は“忠誠心”? 長期的なコミットメント求める。ボッタスにチャンス到来か

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本