F1 イギリスGP

雨のシルバーストンでイギリス人ドライバーがトップ3独占! ラッセルが首位。角田裕毅は14番手|F1イギリスGPフリー走行3回目

メルセデスのジョージ・ラッセルが、雨の中行なわれたF1イギリスGPのフリー走行3回目(FP3)でトップタイムをマーク。ハミルトン、ノリスと共に、イギリス人ドライバーがトップ3を占めた。角田裕毅(RB)は14番手だった。

George Russell, Mercedes F1 W15

George Russell, Mercedes F1 W15

写真:: Glenn Dunbar

 F1イギリスGPのフリー走行3回目が行なわれ、メルセデスのジョージ・ラッセルがトップタイムを記録した。RBの角田裕毅は14番手だった。

 2024年F1イギリスGPの2日目は、朝から悪天候に見舞われた。現地時間午前9時20分から予定されていたFIA F3のスプリントレースは、雨量が多すぎるとして現地時間18時からに延期されることとなった。F1のFP3開始前には雨も上がったが、再び雨雲が近づく中、11時30分のセッションスタート時刻を迎えた。気温10度、路面温度16度と肌寒いコンディションだった。

 ウエットトラックが宣言されていたため、各車インターミディエイトタイヤを履いてコースイン。レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、コース上でスピンするシーンもあった。

 開始から7分ほどが経過した頃、ターン16のブレーキングでアルピーヌのピエール・ガスリーがスピンを喫し、コースオフ。グラベルに捕まってしまった。マシン回収のため、セッションは赤旗中断となった。

 6分ほどの中断期間を経てセッション再開。この間に雨雲が近づいたが、路面コンディションが大きく悪化することはなく、各車とも自身のペースを次々に更新していった。

 残り20分を切ったあたりから、雨雲レーダー上では雨脚が強くなり始めるという予報だった。しかし実際、コース上で雨脚が強くなることはなく、引き続き各車が走行を続けていた。

 この時点でラッセルが首位、ルイス・ハミルトンが2番手と、メルセデスが1-2。3番手にはマクラーレンのランド・ノリスが続いていた。

 ただこの後の予選、そして日曜日の決勝レースを見越して、各車ともインターミディエイトタイヤを節約。昨日のFP2でインターミディエイトを使っていたドライバーはそのタイヤで、まだ使っていなかったドライバーは新品のインターミディエイトのみでこのセッションを走り切った。

 結局トップタイムはラッセルで、タイムは1分37秒529。ハミルトン、ノリスと続き、イギリス勢がトップ3を占めた。4番手にフェラーリのカルロス・サインツJr.、5番手にはレッドブルのマックス・フェルスタッペンという順位だった。

 角田はセッション序盤にタイムシートの首位に名を連ねるシーンもあったが、結局は14番手。チームメイトのダニエル・リカルドは18番手だった。

 
   
1
 - 
4
   
   
1
 - 
2
   
順位 ドライバー # シャシー エンジン 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 United Kingdom ジョージ ラッセル メルセデス 63 Mercedes Mercedes 23

1'37.529

  217.449
2 United Kingdom ルイス ハミルトン メルセデス 44 Mercedes Mercedes 28

+0.035

1'37.564

0.035 217.371
3 United Kingdom ランド ノリス マクラーレン 4 McLaren Mercedes 20

+0.185

1'37.714

0.150 217.037

前の記事 F1イギリスFP3速報|雨の中メルセデスがワンツー! ノリス3番手。RB角田裕毅は14番手
次の記事 ラッセル最速! ハミルトンも2番手で、メルセデスがフロントロウ独占。ノリス3番手で英国人ドライバー躍動|F1イギリスGP予選速報

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本