F1 エミリア・ロマーニャGP

RBの今季マシンVCARB01の弱点は”トラフィック”。リカルド「僕とユウキがスタートで順位をキープできれば、違うレースになっていたはず」

F1エミリア・ロマーニャGPを13位で終えたダニエル・リカルドは、今季のRBのマシンの弱点は、トラフィックにあると語った。

Daniel Ricciardo, RB F1 Team VCARB 01

 RBのダニエル・リカルドは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝レースを13位で終えた。リカルド曰く、RBの現時点での弱点は他車の乱流に巻き込まれた時のパフォーマンスにあり、もしスタートでニコ・ヒュルケンベルク(ハース)に先行されなければ、チームメイトの角田裕毅と共に、もっと違う展開にできたはずだと語った。

 リカルドは今季初めて予選Q3に進出し、9番グリッドから決勝レースに挑んだ。しかしスタートでヒュルケンベルグとセルジオ・ペレス(レッドブル)の先行を許してしまい、11番手に後退。これにより、苦しいレースを強いられることになった。

 ただ、スタート自体は悪くなかったと、リカルドは言う。

「スタートの手順については、何も問題はなかったと思う。すべて正しくやることができたと感じていたんだけど、残念ながらこのスタートの時にポジションを失ってしまったことで、ポイントを逃す結果になった」

 リカルドはどう語る。

「今回のことは、チームとして解決するつもりだ。安定性にかけていて、ポイント圏外に落ちてしまったんだ」

 リカルド曰く、集団の中で走るに時こそ、RBの今季マシンVCARB01の弱点があるという。

「レース中、僕らは隊列の中を走っていた。常に乱れた気流に晒されていたのが、現時点では僕らの弱点だ。引き続き、改善していきたいと思う」

「クリーンエアの中を走る時のペースは大丈夫で、まずまずのタイムを記録できたと思う。でもトラフィックに入ってしまうとすぐ、苦戦してしまうように感じた」

 チームメイトの角田は10位に入ったものの、スタートでポジションを落とさなければ、より上の順位を目指すことができた可能性がある。リカルドは、予選でのポジションをスタートでも維持できれば、もっと違う結果を手にできた可能性があると語った。

「僕らがいる中団は、細部がすべてだ。予選順位を上げるために、僕らは懸命に取り組んでいる。そのため、レースのスタート時にも、その順位を護ことが重要だ」

 そうリカルドは説明する。

「もしユウキと僕がスタートの時にニコ(ヒュルケンベルグ)の前を守れていれば、レース中もずっとそのポジションをキープし、集団の中でもう少しうまくやれたはずだ。レースは違うモノになっていただろう」

「ここでリセットしよう。前にモナコで走ったのは、もう何年も前(昨年は怪我により欠場したため、2022年以来のモナコGPとなる)のことだ。僕は前を向いているし、来週モナコを走るのを楽しみにしている」

 

前の記事 アストンF1のアップデート、ドライビングが『難しく』なる副作用? 苦戦週末経てチーム代表認める
次の記事 フェラーリ代表、ニューウェイ獲得交渉の状況明かさず。「長期的な話もしているが、今はチームのメンバーを信頼している」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本