F1 モナコGP

F1モナコ決勝速報|ルクレール、マネジメントレースを制して母国で初優勝! 角田裕毅は8位入賞

F1モナコGPの決勝レースが行なわれ、フェラーリのシャルル・ルクレールが優勝。RBの角田裕毅は8位だった。

Yuki Tsunoda, RB F1 Team VCARB 01

 F1モナコGPの決勝レースでは、フェラーリのシャルル・ルクレールがポール・トゥ・ウィン。ルクレールとしては母国での初優勝となった。

 2位はマクラーレンのオスカー・ピアストリ。3位にはカルロス・サインツJr.が入り、フェラーリが1-3でダブル表彰台を獲得した。

 RBの角田裕毅は8位入賞となった。

 なお、決勝レースでは1周目から大クラッシュが発生する波乱の展開。これで赤旗中断となったことが引き金となり、レースは稀に見るタイヤマネジメントレースとなった。

 
前の記事 モナコGP決勝、大クラッシュ発生で赤旗中断。レッドブルのペレスとハース勢がリタイア
次の記事 ルクレール、感涙の母国初優勝! 波乱の幕開けで“我慢比べ”のレース展開も屈せず。角田裕毅8位入賞|F1モナコGP決勝

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本