F1 カナダGP

僕は、F1で戦い続けたいんだ……2025年のシート喪失が噂されるマグヌッセン「絶対に不可能となるその瞬間まで、僕はそのために集中する」

ケビン・マグヌッセンは、ハースとの契約延長が難しいと言われており、他のチームに移籍して来季のシートを確保するチャンスも少ないひとりだと考えられている。しかし当のマグヌッセンは、最後の最後までF1のシートを掴めるよう集中すると語る。

Kevin Magnussen, Haas F1 Team, Mark Slade, Race Engineer, Haas F1 Team, on the grid

 ハースF1のケビン・マグヌッセンは、来季のF1シートを確保するのが難しいと噂されるひとりだが、可能性がゼロになるその瞬間まで諦めることはないと語った。

 急速に動いている2025年シーズンに向けたF1ドライバー市場。ハースのマグヌッセンは、今季チームメイトのニコ・ヒュルケンベルグに大きな差をつけられてしまっているということもあり、来季のF1”参戦権”を確保するのが難しいと言われている。

「そうなってしまう可能性はあるね。チームは僕のことを知ってくれているし、その力を今更証明する必要はないと思う」

 マグヌッセンはそう語る。

「僕はここで走り続けたいと、明確に言ってきた。チームは良いポジションにいるし、その将来にもかなり希望があると思う。だから、ハースの一員で居続けたい。どうなるか分からないけど、何かが決まるまで、とにかく走り続けるだけだ」

 前述の通り、今季のマグヌッセンは、ヒュルケンベルグに獲得ポイントの上では大きな差をつけられている。ただ本人曰く、運に見放されている部分もあるように感じているという。

「運が味方してくれない……確かにその通りだ。今年はペースもよかったから、フラストレーションが溜まる年になっている」

「今年はマシンの調子がずっと良くなった。去年は苦労していたんだけど、特に予選ではずっと楽になったような気がする。でも、本当にうまくいかない……」

「常に向かい風が吹いているように思えるシーズンだ。でもそれもF1の一部であり、そういうことに対してただ忍耐強く、冷静でいなければいけない。最終的にはうまくいくと信じている」

 F1でのシートを確保できなかった場合、F1以外のカテゴリーに選択肢はあるのか? そう尋ねられたマグヌッセンは、F1に参戦すること以外今は考えていないと語る。

「僕はF1で走りたいんだ。それが今の僕の心境だ。それが絶対に不可能になるまで、僕はそれに集中し続けるよ」

「そしてどんなことが起きたとしても、その段階で対処するつもりだ」

 

前の記事 2年契約延長のペレス、その契約内容「F1の契約には、常に何らかの条項が存在するモノだ」とレッドブル重鎮マルコが匂わせ
次の記事 ストレート途中で減速しなきゃ……なんてことにはならない? 2026年F1のPU規則、FIA自信「その懸念についてはもう大丈夫だ」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本