F1 スペインGP

角田裕毅「スペインでのパフォーマンスに不安はない」2戦ぶりポイント獲得目指す

RBの角田裕毅は今週末行なわれるF1スペインGPでもマシンパフォーマンスを心配していないと語っている。

Yuki Tsunoda, Visa Cash App RB F1 Team, arrives at the track

Yuki Tsunoda, Visa Cash App RB F1 Team, arrives at the track

写真:: Red Bull Content Pool

 角田裕毅(RB)はF1第10戦スペインGPに向けて、マシンのパフォーマンスは心配していないという。

 前戦カナダGPで、角田は予選で8番手となり連続入賞に向けて期待が高まった。しかし決勝ではポイント圏内を走っていた終盤にスピンを喫してしまい、一気に後退。14位となりチャンスを活かしきれなかった。

 そんなレースを経て迎える今週末のスペインGPは、低速、中速、高速と、様々な種類のコーナーが散りばめられているカタルニア・サーキットが舞台。角田はカナダの失敗を引きずることなくスペインに臨んでおり、マシンもカタルニア・サーキットで機能しないのではといった心配もしていないという。

「モントリオールでのレースは思い通りにはいかず、週末全体としても浮き沈みのあるものでした。ただフリー走行から予選まで、極端な状況の中で好転させることができたのはポジティブでした」

「このことは僕たちチームとして適応する方法を知っていることを示すものでしたし、Q3にも進出することができました。間違いなく、僕たちが物事を好転させて上手くやれるんだという大きな自信につながるものです!」

「今週はバルセロナへと向かいます。ここはマシンにとっては厳しいテストの場ですが、今シーズンのVCARB01はこれまでのところ、どのコースでも上手く機能してくれているようなので、パフォーマンス面で懸念は持っていません」

「コースそのものについては、セクター1とセクター3が異なる特性になっていて、その両方でマシンバランスをうまく取ることはできないため、妥協していく必要があります。ですがそれについて心配はしていません」

「大事なのは、フリー走行を通じてできるだけ早く、このコースでパッケージがどう機能するかをしっかりと理解することで、そこから最大限を引き出していくことです」

「またオーバーテイクが難しいコースですし、予選がとても重要になってきます」

 なお角田は最近の予選での好調な走りについては、自らを上手く律することができていることも関係しているのだろうと語った。

「最近のレースではかなり良い予選にできているようですが、それはフリー走行からの準備のおかげだと思っていますし、感情をコントロールして自分をうまく管理して、それらをコンスタントに行なっていることも関係していると思います」

「そうすることでドライビングやフィードバックも良くなりますし、さらに自信が深まるので、楽しみにしています」

 

前の記事 試される総合力。かつてはオフテスト定番の地……F1はカタルニアへ|F1スペインGP DAZN配信スケジュール
次の記事 プロvs素人、データを重ねたら一目瞭然! フォーミュラカー走行で実力差の出るポイントは一体どこなのか

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本