F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
51 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
65 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
79 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
93 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
100 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
114 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
128 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
135 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
149 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
156 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
170 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
184 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
212 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
219 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
233 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
240 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
254 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
268 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
275 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
289 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
303 days

ロッシ&ロレンソ、アッセンでのF1開催に反対。バンプ増加などを懸念

シェア
コメント
ロッシ&ロレンソ、アッセンでのF1開催に反対。バンプ増加などを懸念
執筆:
翻訳:: 青山 悦子
2018/07/03 10:10

バレンティーノ・ロッシやホルヘ・ロレンソは、アッセンでF1を開催することに懸念を抱いている。

Press Conference, Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing
Start action, Johann Zarco, Monster Yamaha Tech 3 leads
Press Conference, Jorge Lorenzo, Ducati Team
Lorenzo entering pits to change tyres
Andrea Dovizioso, Ducati Team
Press Conference, Marc Marquez, Repsol Honda Team, Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing

 MotoGPライダーのバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)やホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)らは、オランダのTTサーキット・アッセンでF1を開催することに懸念を抱いており、その主な理由は路面のバンプ増加や、コースレイアウト修正の可能性だと明かした。

 アッセンは、2020年にF1を開催しようと計画を進めてきた。FIAのレースディレクターであるチャーリー・ホワイティングは、今年1月にアッセンを訪れ、オランダGPを開催するためには小規模な変更が必要だと語っていた。また3月には、アッセンはF1オーナーのリバティ・メディアと契約に関する交渉を行うためのプロモーターを任命した。

 しかしオランダGPの記者会見に出席したロレンソとロッシは、この件について尋ねられると、アッセンでのF1開催の可能性を歓迎することはできないと語った。

「彼らがここに来ないことを願っている。というのもF1には、この前のポール・リカールのように、レースを行うためのたくさんのサーキットがある。ここアッセンは、歴史的にもバイクのための場所だ」とロッシは述べた。

「まず最初に、(F1を開催したら)ここはF1固有のトラックになるだろう。でも僕らにとってはF1を開催しない方が良い。なぜならそれほどバンプもないし、歴史的な面でもここではMotoGPを開催する方が良いと思う」

 通称”ダッチTT”と呼ばれるオランダGPを開催していることで知られているアッセンだが、歴史的には、4輪レースを含め様々なジャンルのモータースポーツを開催してきた。その例としては、F3やフォーミュラ・ルノーシリーズ、さらには現在では消滅してしまったAuto GPやスーパーリーグ・フォーミュラなどが行われていた。

 現在MotoGPは、4つのグランプリ(アメリカズ、カタルニア、オーストリア、イギリス)でF1と同じトラックを使用しているが、いずれのサーキットもアスファルトの路面についてライダーからの批判が上がっている。これは、幅広になったF1マシンの生み出すダウンフォースが原因だと見られている。

 カタルニア(バルセロナサーキット)とイギリスは、シーズン前に路面の再舗装が行われた。しかしこれは永続的な解決策ではなく、カル・クラッチロー(LCRホンダ)は昨年、「MotoGPとF1を開催するサーキットは、再舗装をしてから”1年以内に”(路面が)バンピーになるだろう」と主張していた。

 ロレンソもロッシと同様にF1を開催することへの懸念を抱いている。バンプによりアッセンの路面が影響を受けることだけでなく、レイアウト変更の可能性についても不安があるとロレンソは語った。

「F1がここに来ないことを願っている。その理由のひとつは、バンプだ。そしてふたつ目は、おそらく彼らはトラックを大幅に修正しなければならないからだ」

「コースの外側が完全に芝生になっているトラックでF1マシンが走っているのを見るのはとてもおかしなことだろう。だけどあらゆることが起こりうる」

「彼らがコースを修正すべきなのかどうかはわからないが、もちろんバンプのことを考えると、F1は来ない方が良い」

 またロレンソのチームメイトであるアンドレア・ドヴィツィオーゾも、アッセンでF1を開催する可能性について疑問を持っている。

「ここ? 無理だと思う」とドヴィツィオーゾは話した。

「なぜなら、ここはタイトすぎるからだ。とても狭くて、とてもタイトだ。もし彼らがいくつか変更を加えたら……でも僕はそうは(開催できるとは)思わない。もし開催されたら良いけどね。これは僕の問題ではない」

 一方マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は彼らと同じような観点を持ちながらも、路面がよりバンピーになる可能性については気にならないと語った。

「F1はとても速く走るだろう。というのもここは高速コーナーが沢山あるし、おそらくラップタイムは1分だ。わからないけどね」

「F1がアッセンのようなサーキットに関心を持つのは良いことだ。バイクに乗る側にとってはバンプは増えるけれども、大きな問題ではない」

Additional reporting by Oriol Puigdemont

次の記事
メルセデス、”残忍”チームオーダーを発令しなかったフェラーリを賞賛

前の記事

メルセデス、”残忍”チームオーダーを発令しなかったフェラーリを賞賛

次の記事

FOMの意識改革が日本GP開催延長に導く?:モビリティランド社長インタビュー

FOMの意識改革が日本GP開催延長に導く?:モビリティランド社長インタビュー
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中 , バレンティーノ ロッシ 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy