グティエレス、メルセデスの開発ドライバーを担当し、F1復帰を目指す

シェア
コメント
グティエレス、メルセデスの開発ドライバーを担当し、F1復帰を目指す
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
協力: Oleg Karpov
翻訳:: 田中健一
2018/07/07 9:18

元F1ドライバーのエステバン・グティエレスは、現在メルセデスの開発ドライバーを担当。そして今もF1復帰を果たすことを目指しているという。

 2016年限りでF1のレギュラーシートを失ったエステバン・グティエレスは、今もF1復帰を目指していると語る。

 グティエレスは今季初めから、メルセデスに開発ドライバーとして参加。ブラックリーのファクトリーで、シミュレータ作業などに専念してきた。

 そのグティエレスは今週末、イギリスGP内のイベントとして、メルセデスW07をドライブする予定になっている。この走行は、2016年限りでハースを離れて以来、彼が初めてF1マシンをドライブする機会となる。

 長きにわたってレースから遠ざかっているグティエレスだが、F1復帰を伺うチャンスがあると感じているという。

 グティエレスは自身の目標について、motorsport.comに対して次のように語った。

「今週末、僕のF1で最後の年のチャンピオンマシンをドライブする。目指すべきマシンとして、僕が1年中追いかけたマシンの1台だ」

「僕は今年の初めから、開発ドライバーとしてメルセデスと仕事をしてきた。シミュレータで多くの仕事をして、僕自身の準備とチームを知ることに集中した。サーキットに戻って来られるのは素晴らしいことだし、この機会を与えてくれたチームに感謝したいと思う」

 F1から離れた後、グティエレスはインディカーやフォーミュラEに参戦した。しかし、F1復帰を諦めたくはないと語る。

「そこにあるモノを試すのは、素晴らしいチャンスだった」

 そうグティエレスは語った。

「僕はこの新しいチャレンジを本当に楽しんだ。でも、僕の目標はF1(に復帰すること)だ」

「ドライバーとしては、F1で得るものがたくさんあると感じる。諦めるなんていうことは、僕の選択肢にはない」

「どんなことだって可能だ。それは僕のゴールであり、そのために僕は懸命に働いている」

 メルセデスでの彼の役割は、2018年マシンのテストに繋がるのかと尋ねられたグティエレスは、次のように語った。

「僕はそうなることを望んでいる。僕の目的はできるだけチームに貢献することだ」

 グティエレスは、メルセデスでの仕事をほぼ秘密裏にこなしていたという。その理由について彼は、チームでの彼の努力から、気を逸らすことがないよう望んでいたからだという。しかし今回シルバーストンでデモ走行することは、自身の今の仕事を話す、絶好のチャンスだと感じたようだ。

「僕は静かに働くことを望んでいた。チームや僕自身の、体力的、精神的、そしてその他のあらゆる面においてね。今週末は、このニュースを皆さんにお伝えする、素晴らしいチャンスだった」

次の F1 ニュース
イギリスFP3速報:ハミルトンがトップ。ハートレーはクラッシュ

前の記事

イギリスFP3速報:ハミルトンがトップ。ハートレーはクラッシュ

次の記事

シルバーストンの最終コーナーに縁石設置。トラックリミット不正利用防止

シルバーストンの最終コーナーに縁石設置。トラックリミット不正利用防止

この記事について

シリーズ F1
ドライバー エステバン グティエレス
チーム メルセデス
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース