【F1】ペレス「オコンにリカルドをかわすことはできなかったはず」

カナダGPでオコンの怒りを買ったペレスは、チームの提案を拒否した理由と、最終ラップでオコンをブロックした理由について明らかにした。

 カナダGP決勝でフォースインディアのセルジオ・ペレスは、5位をチームメイトから”死守”した。それはチームメイトであるエステバン・オコンの怒りを買った。

 チームはペレスに対し、新しいタイヤを履いているオコンにポジションを開け渡して、3番手のダニエル・リカルド(レッドブル)にアタックさせるという作戦を提案していたが、ペレスはそれを拒否した。

 レース後、NBCのウィル・バクストンから、自分とチーム、どちらのためにレースをしていたのかと尋ねられたところ、ペレスは次のように答えた。

「もちろん僕はチームのためにレースをしている」

「いつもと同じように、僕はチームに多くのポイントを持ち帰ることを意識していた。僕は全力を尽くしたと思うし、それにエステバンが何度も僕をオーバーテイクしようとしていたけど、彼は全く僕に接近できていなかった」

「僕がリカルドに接近できなかったんだ。彼(オコン)もできなかったに違いない。ダニエルはとても速かった」

「チームがエステバンにポジションを譲るよう提案してきた時、トラフィックが前方に見えた。とっさに僕はダニエルがトラフィックに引っかかるんじゃないかと思ったんだ。ダニエルを攻略するのに0.2-0.3秒差まで詰め寄れればいいんだからね。それに僕は彼がペースに苦戦していて、フェラーリも迫ってきていることを理解していた」

 ペレスは、最終コーナーでもオコンからのアタックを防衛した。それにオコンは「彼がハイスピードコーナーで動きを遅くしたせいで、コースから外れてしまう可能性があるほどとても危ない目にあった」と激怒した。

 オコンからの苦情に対し、ペレスは次のように回答している。

「僕は誰に対しても同じようにポジションを守ったと思う。僕は1回動いただけだ。そのあとはイン側の走行ラインについた。前のラップでセバスチャン(ベッテル)も同じようなことをして、僕を交わしていったからね」

「僕はそれをブロックする動きをしたまでだ。彼がオーバーテイクできるほどの速さを持っていればアウト側からいけただろう。僕はただ自分のポジションを守っただけだ」

COOはペレスを擁護

 フォースインディアのCCOであるオトマー・サフナウアーは、ペレスがチームの提案を拒否したが、それによる不利益はなかったとペレスを擁護した。

「我々はふたりのポジションを変えるかどうか話し合った。しかし、セルジオはトラフィックに引っかかったリカルドを捉えるのに時間が欲しいと言っていた」

「我々はそれに同意した。そしてその時、フェラーリが追いついてきていた。ポジションを入れ替えるのに2-3秒失うことになるため、チャンスはその時にはなかった」

「それにセルジオは、新品タイヤを履いていた時もリカルドを捉えることはできなかった。オコンも同じようになるだろう。確証はないがね」

「ピットウォールで話し合ったところ、それがいいアイデア(オコンにポジションを譲る作戦)だと思ったんだが、結局我々はセルジオの意見を尊重した。なぜなら彼はオーバーテイクするのに長けているドライバーだからね」

【関連ニュース】

執拗に順位を死守したペレスに怒りのオコン「フェアじゃない」

2番手からリタイアに落胆するフェルスタッペン「今季は”ゴミ”」

マクラーレン、またも起きたホンダのトラブルに「気に入らない」

ウイング”踏まれた”ベッテル「ダメージに早く気づいていれば…」

F1カナダGP決勝レポート:ハミルトン盤石のレースで今季3勝目

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
イベント名 カナダGP
サーキット サーキット・ジル・ビルヌーブ
ドライバー エステバン オコン , セルジオ ペレス
記事タイプ 速報ニュース