F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

アタックラップが課題……リカルド、ルノー1年目の締めくくりは波乱のスタート

シェア
コメント
アタックラップが課題……リカルド、ルノー1年目の締めくくりは波乱のスタート
2019/11/30 9:12

ルノーのダニエル・リカルドは、アブダビGP初日を終えてアタックラップが課題だと語り、ランキング争いを演じるトロロッソに勝つことが目標だと語った。

 ダニエル・リカルドは、ルノー1年目の締めくくりとなるF1最終戦アブダビGPのフリー走行1回目で19番手、フリー走行2回目で16番手となった。リカルドはロングランではいいペースがあるものの、1周のラップタイムが課題だと話している。

 リカルドはFP1の走行中にマシン後部からオイルを漏らしてしまい、出火。赤旗中断の原因となっていた。しかし搭載していたのはいわゆる“金曜日用パワーユニット”だったようで、大きな問題はないと彼は語った。

「最高の金曜日、というわけではなかった」と、リカルドは言う。

「でも初日だからね。それから言うまでもなく、午前中は問題があった。それ(パワーユニット)はマイレージを重ねたものだった」

「レースエンジンがあるから、明日(土曜日)は大丈夫だ」

「僕らはふたりとも少し苦戦していたからやるべきことがある。どうにかするつもりだ」

 ルノーは現在コンストラクターズランキング5番手だが、直後にはトロロッソが僅か8ポイント差で迫っており、今戦の見どころのひとつになると考えられている。

 リカルドはトロロッソの前でフィニッシュすることが今戦の大きな目標だと認め、改善を目指すと話した。

「確かにそうだ。ちょっと気が張っているというところはある。彼らも良いように見えたしね。ここまで長かったけど、まだ仕事は残っている。トロロッソの前でフィニッシュしなくちゃね」

「それが今週末の大きな目標だ。今日の自分たちよりも速くなるために、明日に向けてなんとかするつもりだ。やるべきことはあるけど、(トロロッソの)前に立てる方法を見つける自信があるよ」

 ただ、リカルドによるとロングランのペースでは良いものがあったようで、どちらかといえば一発のタイムを改善する必要があるという。

「確実にロングランの方が良かった。そっちで考えれば僕らは戦いの場に戻れているようだ。だけどレースを戦うためには、少なくとも予選を彼らの近くで終える必要がある」

「僕らは1周の速さがなかった。ロングランは多少良かったけど、1周の方では確かに何かを見つける必要がある。だからそれを理解するために今晩取り組んでいくよ」

「問題はタイヤを最大限活用できていないことだ。例えばアウトラップでタイヤを十分に機能させられたとは思わないし、アタックを始める準備ができているようにも感じられなかった」

「ラップタイムは削れると思うけど、それがコンマ6秒や8秒だとは思えないんだ。だからセットアップで何かを見つけ出さないといけない。おそらくセットアップが半分で、タイヤとウォームアップがもう半分だろう」

Read Also:

次の記事
トロロッソ、最終戦初日は上々の滑り出し。クビアト「生産的な1日だった」

前の記事

トロロッソ、最終戦初日は上々の滑り出し。クビアト「生産的な1日だった」

次の記事

マクラーレンCEO、”元パートナー”ホンダを祝福「F1にとっても良いことだ」

マクラーレンCEO、”元パートナー”ホンダを祝福「F1にとっても良いことだ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1