ガスリー、予選でパワーユニットのトラブルに遭遇「その周はうまくいっていたのに」

シェア
コメント
ガスリー、予選でパワーユニットのトラブルに遭遇「その周はうまくいっていたのに」
2018/11/25 0:28

トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、アブダビGPの予選Q1でパワーユニットのトラブルに見舞われ、Q1敗退となった。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、今季最終戦アブダビGPの予選を17位で終えた。

「今回のような結果は、トロロッソでの最後の予選で、僕が求めていたことではなかった」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

 ガスリーは予選Q1最後のアタック、最終セクターを走行中にマシントラブルに見舞われ、スローダウンしたままチェッカーフラッグを受けた。ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクター曰く、パワーユニット側の問題だったという。

「最終コーナーでスロットルを開けた時、コーナー出口でパワーを失ってしまった。そのラップはとてもうまく行っていたから、失望している。クルマはとても良かったから、0.6秒ほど速く走れたはずだった。でも、最後の200〜300mのところで、パワーを失ってしまった」

 ガスリーは当時の状況をそう説明する。

「僕らは12番手くらいのペースだった。だから多分、Q3に行くのは難しかっただろう。でも、トップ10に近いところで戦えたはずだ」

「明日のレースは、僕にとって重要な1戦だ。なぜなら、チームは僕が加入してから、いろんなことをしてくれたし、僕に最初のチャンスをくれたんだ。だから僕は、強いパフォーマンスを発揮し、シーズンを良い形で終えるために、最善を尽くすつもりだ」

「それが、みんなに感謝を伝えるためには、一番良い方法だと思う。例え期待していたポジションからのスタートではないとしてもね。僕は全てを捧げるつもりだ」

 田辺テクニカルディレクターは、トラブルの原因を早急に究明し、決勝レースに向けての準備を進めていくとコメントを発表している。

次の記事
【動画】F1最終戦アブダビGP予選ハイライト

前の記事

【動画】F1最終戦アブダビGP予選ハイライト

次の記事

【動画】F1アブダビGP ハミルトンの予選PPオンボードカメラ映像

【動画】F1アブダビGP ハミルトンの予選PPオンボードカメラ映像
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中