予選19位に沈んだハートレー「中団は僅差。0.1秒でも速かったら……」

シェア
コメント
予選19位に沈んだハートレー「中団は僅差。0.1秒でも速かったら……」
2018/07/01 2:35

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、オーストリアGPの予選で19番手に沈んだ。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、オーストリアGPの予選で振るわず、19番手に沈んだ。

 ハートレーは初日、新しいエアロパッケージを試していた。しかしその一方で、マシンバランスに苦戦していた。これが尾を引いた格好となってしまったようだ。

「良い予選にはならなかった」

 ハートレーはそうチームのプレスリリースにコメントを寄せた。

「僕はQ1で脱落してしまったし、チームメイトから0.3秒遅れだった。本当にうまくいかない週末だ」

 ハートレーは初日に試した新型エアロパッケージも、使いこなすことができなかったようだ。

「僕は昨日、アップデートしたエアロを試した。100%計画通りにはいかなかったが、今日その仕事を片付けられたと思う」

「でも僕はFP3でフロントウイングにダメージを負ってしまった。そのため、予選では古いウイングで走らなければいけなかった。スペアパーツが不足していたため、セッション直前にそれが決まったんだ。だから新旧”ハイブリッド”のスペックで走らなければいけなかった」

「理想的なことではなかった。でも、ピエール(ガスリー)は良い仕事をしたから、新しいフロントウイングを使っていたとしても、勝つことはできなかっただろう。とはいえ、Q2には行けたかもしれない」

 アタックラップ自体もうまくいかなかったと、ハートレーは語る。

「僕の最後のラップは、特に良いラップではなかったし、スリップストリームを使おうとした時に、前のクルマに近づきすぎてしまった」

「中団争いは非常に僅差だった。だから0.1秒でも早ければ、Q2に行くことができたかもしれない。19番手には失望しているけど、明日は戦うつもりだ」

次の F1 ニュース
レッドブル、リカルドの不満に困惑「7年適用している方針があるのに」

前の記事

レッドブル、リカルドの不満に困惑「7年適用している方針があるのに」

次の記事

予選12位のガスリー「全体的には満足だが、最高速がまだ足りない」

予選12位のガスリー「全体的には満足だが、最高速がまだ足りない」

この記事について

シリーズ F1
イベント オーストリアGP
サブイベント Saturday qualifying
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース