F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
Race まで
08 時間
:
51
:
36
09 10月
次のセッションまで……
11 days
23 10月
次のセッションまで……
25 days
31 10月
次のセッションまで……
33 days

驚きの番狂わせ優勝1:ライコネンとマッサしか乗れない? F60、スパで唯一の勝利

シェア
コメント
驚きの番狂わせ優勝1:ライコネンとマッサしか乗れない? F60、スパで唯一の勝利
執筆:

F1の長い歴史の中には、番狂わせレースというのがいくつかある。2009年のF1は、下克上の時代。前年タイトルを争った2チームが下位に沈み、新興2チームが台頭した。そんな中フェラーリのキミ・ライコネンは、ベルギーGPで値千金の勝利を挙げた。

 2009年のF1は、まさに大混乱のシーズンとなった。その前年、タイトルはフェラーリとマクラーレンの間で争われた。しかし車体のレギュレーションが大きく変わったことで、この2チームが大失速。ブラウンGPとレッドブルという新興2チームの争いとなった。

 特に序盤戦は、2チーム揃って下位に沈むことも多かったが、シーズンが進むに連れて徐々にパフォーマンスを取り戻し、結局マクラーレンは2勝。対するフェラーリは、ベルギーGPで1勝を挙げた。

 ただフェラーリのこの1勝は、厳しい戦いの末勝ち取ったモノだった。予選でポールポジションを取ったのはフォースインディアのジャンカルロ・フィジケラ。決勝では混乱に乗じ、フェラーリのキミ・ライコネンがトップに立ったが、終始フィジケラが食らいついた。

 ライコネンはこの年から使用が許可されたKERS(運動エネルギー回生システム)を活用して、ポジションを防衛。なんとかトップチェッカーを受けた。

 このフェラーリF60は非常に乗りにくいマシンだったと言われる。フェリペ・マッサがハンガリーGPで他車(ブラウンGPのルーベンス・バリチェロのマシン)から脱落したパーツの直撃を受け、大怪我を負った後、ルカ・バドエルとフィジケラが代役としてF60のステアリングを握った。しかしバドエルは2戦連続で予選最下位。フィジケラも、予選Q1落ちを連発することとなってしまった。

 そういう意味では、ライコネンがベルギーで勝利を手にしたのは、奇跡的だったと言えるかもしれない。

Read Also:

F1カナダGPの延期が決定。再開は6月末のフランスGP? 新型コロナ影響は9レース目に

前の記事

F1カナダGPの延期が決定。再開は6月末のフランスGP? 新型コロナ影響は9レース目に

次の記事

F1、2020〜2021年に”トークンシステム”活用も? マシン開発コスト抑制のため

F1、2020〜2021年に”トークンシステム”活用も? マシン開発コスト抑制のため
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
ドライバー Giancarlo Fisichella , キミ ライコネン
チーム フェラーリ , フォースインディア
執筆者 田中 健一