驚きの番狂わせ優勝3:同一周回の完走わずか3台。超サバイバルをパニスが制す

F1の長い歴史の中には、番狂わせレースというのがいくつかある。1996年のモナコGPは雨がらみのレース。同一周回での完走は僅か3台という超サバイバルレースを制したのは、リジェ・無限ホンダのオリビエ・パニスだった。

Race winner Olivier Panis, Ligier JS43

Race winner Olivier Panis, Ligier JS43
1/5

写真:: LAT Images

Olivier Panis, Ligier JS43

Olivier Panis, Ligier JS43
2/5

写真:: LAT Images

Olivier Panis, Ligier JS43

Olivier Panis, Ligier JS43
3/5

写真:: LAT Images

Olivier Panis, Ligier JS43

Olivier Panis, Ligier JS43
4/5

写真:: Sutton Images

David Coulthard, McLaren MP4/11B, wearing Michael Schumacher's spare helmet

David Coulthard, McLaren MP4/11B, wearing Michael Schumacher's spare helmet
5/5

写真:: Sutton Images

 同一周回での完走台数僅か3台……そんな超サバイバルレースとなった1996年のモナコGPを制したのは、リジェ・無限ホンダのオリビエ・パニスだった。

 午前中に降った雨により、スタート時の路面は完全にウエット。しかし雨粒は落ちておらず、徐々にコンディションは改善していくものと見られていた。この時点でパニスは14番手スタート。誰もパニスが優勝するとは思っていなかった。

 レースは序盤から波乱の展開。濡れた路面に足を取られてクラッシュしたり、トラブルに見舞われたりして、次々とマシンが脱落していった。

 そんな中、路面は徐々に乾いていき、レースも1/3が消化するとほぼドライコンディションに。各車ドライタイヤに交換することとなった。

 パニスはピットストップのタイミングでポジションを上げ、コース上でもオーバーテイクし、表彰台圏内に浮上する。そして首位をいくデイモン・ヒル(ウイリアムズ)、2番手を走っていたジャン・アレジ(ベネトン)も揃ってマシントラブルに見舞われてリタイア。これでパニスが労せずして首位に立つ。そして、コースには再び雨が落ちてきた。

 パニスはその後も堅実な走行を続けた。後方からはマクラーレンのデビッド・クルサードが迫ったが、パニスはこの追撃を阻止。2時間ルールが適用され75周に短縮されたレースで、トップチェッカーを受けた。

 これはF1デビュー3年目のパニスにとってF1初勝利。無限ホンダにとっても1勝目ということになった。

 なおこの年、パニスが入賞したのは、このモナコも入れて3回のみ。そういう意味では、大番狂わせの結果だったと言えよう。

Read Also:

シェア
コメント
今のF1マシンは重すぎる……ベッテル「ダウンフォースを削ってでも軽くすべき」

前の記事

今のF1マシンは重すぎる……ベッテル「ダウンフォースを削ってでも軽くすべき」

次の記事

メルセデス、新システム”DAS”を解説「こういった視覚的革新がもっと必要」

メルセデス、新システム”DAS”を解説「こういった視覚的革新がもっと必要」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Monaco GP
ドライバー Olivier Panis
チーム Ligier
執筆者 田中 健一