F1
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
イベント 進行中 . . .
R
シュタイアーマルクGP
09 7月
-
12 7月
次のセッションまで……
6 days
R
ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
13 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
28 days
R
F1 70周年記念GP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
34 days
R
スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
41 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
55 days
R
イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
62 days
R
シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
Canceled
R
ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
83 days
08 10月
-
11 10月
Canceled
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
111 days
R
メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
118 days
R
ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
132 days
R
アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
146 days

驚きの番狂わせ優勝4:マルドナド、一世一代の完勝劇。アロンソ以下を圧倒

シェア
コメント
驚きの番狂わせ優勝4:マルドナド、一世一代の完勝劇。アロンソ以下を圧倒
執筆:
2020/04/11 3:03

F1の長い歴史の中には、番狂わせレースというのがいくつかある。2012年のスペインGPは、ウイリアムズ・ルノーのパストール・マルドナドが完勝。チーム復活かと思わせたが、その後の成績は低迷してしまう。

 2012年のスペインGPで勝利を収めたのは、ウイリアムズ・ルノーのパストール・マルドナドだった。

 2010年のGP2でチャンピオンになったマルドナドは、翌2011年にウイリアムズからF1デビュー。ただ、当時のウイリアムズは既に低迷期を迎えており、10位入賞1回、獲得ポイント1で1年目のシーズンを終えることになった。ただ、チームメイトのルーベンス・バリチェロも9位が2回のみという成績であり、ルーキーとしては健闘したと言えるかもしれない。

 2012年も引き続きウイリアムズに残留。この年のF1は稀に見る乱戦状態であり、シーズン4戦を終えた段階で勝者が全て違うという状況だった。そんな中マルドナドも、第3戦中国GPで8位に入り、自身2度目のF1入賞を果たした。

 そして迎えたスペインGP。マルドナドは予選で2番手となった。しかし最速タイムをマークしたマクラーレンのルイス・ハミルトンにペナルティが科されたことで、マルドナドがポールポジションを手にすることになった。

 スタートでは2番グリッドのフェルナンド・アロンソが好スタートを決めて首位に浮上。ただマルドナドはこれに食らいついていき、ピットストップの際に逆転することに成功する。

 首位に立ったマルドナドは、アロンソからのプレッシャーも跳ね除け、見事トップチェッカー。F1初優勝をポール・トゥ・ウインで達成した。 

 ただその後のマルドナドはパッとしなかった。なんと第14戦シンガポールGPまで無得点。レースウイナーにあるまじき成績だった。日本、アブダビ、アメリカで入賞したものの、優勝を手にしながらなんとランキング13位。スペインでの力強い戦いぶりが嘘のような、そんな結果に終わった。

 マルドナドはその後2015年までF1を戦ったが、表彰台はおろか5位以上に入ることもなかった。ある意味、最も不可思議であり、もっとも番狂わせの1戦だったと言えるかもしれない。

Read Also:

次の記事
F1チームはタバコ広告禁止のレースにどう対処したのか? 個性が光る6つの解決策

前の記事

F1チームはタバコ広告禁止のレースにどう対処したのか? 個性が光る6つの解決策

次の記事

奔放で自由人な天才、ネルソン・ピケのF1キャリアを振り返る

奔放で自由人な天才、ネルソン・ピケのF1キャリアを振り返る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Monaco GP
ドライバー Olivier Panis
チーム Ligier
執筆者 田中 健一