F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
26 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
40 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
55 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
68 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
82 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
89 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
103 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
110 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
124 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
138 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
145 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
159 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
173 days

新規則下の2022年F1マシン、2020年中の開発を凍結へ。コスト削減が目的か

シェア
コメント
新規則下の2022年F1マシン、2020年中の開発を凍結へ。コスト削減が目的か
執筆:
, Grand prix editor
2020/04/01 3:21

世界モータースポーツ評議会の決定を受けて、F1チームは2020年中に2022年マシンを開発することを禁止されることとなった。

 新型コロナウイルスの影響を受けて開幕が遅れている2020年シーズンのF1だが、世界モータースポーツ評議会(WMSC)は3月31日(水)に声明を発表し、レギュレーションに関するいくつかの変更を承認したことを認めた。

 その中には、レギュレーションが大幅に改定される2022年シーズンに向けたマシンの空力開発が2020年中は禁止される、というものが含まれている。

 オーバーテイク増進などを目指した新規則だが、当初は2021年からの導入を予定していた。しかし新型コロナウイルスのパンデミックの影響で各チームの開発に支障が出ることから、導入は1年後ろ倒しされた。

 2020年シーズンのF1は未だ1レースも実施することができておらず、今年中に何レース開催できるかも不透明な状況だ。そのため開催権料がF1に支払われず、各チームは分配金を受け取ることができない。多くのチームが財政的に厳しい状況に陥ることが予想されており、徹底的なコスト削減が目指されていることが、今回の決定に繋がったと言える。

 なおF1のCEOであるチェイス・キャリーは、2020年シーズンでは15〜18レースを開催する構想があると語っていた。

 WMSCは“FIAとF1がこの危機に対応し、F1世界選手権の商業的価値をできる限り損なわないようなレースカレンダーを編成するために”スポーティングレギュレーションの変更が行なわれることを認めた。

 FIAとF1は現在、チームの承認なしでカレンダーを変更できる権限を持っているが、レギュレーションの変更に関しては、過半数のチームの賛成が必要となっている。

 またFIA会長のジャン・トッドには「緊急性のある場合には、2020年の国際大会の開催についてあらゆる決断を下せる」というかなり大きな権限が与えられている。

 現在各チームは、4月末までの間に21日間連続でファクトリーを閉鎖する必要がある。夏休みのファクトリー閉鎖期間が前倒しされたためだ。

 加えて公衆衛生上の懸念がさらに続く場合、または政府による諸制限が続いた場合には、閉鎖期間を延長することができるとされた。これにより、各チームはさらにコストを抑えることができるだろう。

 その他の変更として、仮に2020年シーズンのF1が14レース以下になった場合、各チームが1シーズンで使えるパワーユニットのエレメント数に変更が加えられることになった。

 レース数が14以下になった場合、1台あたり内燃エンジン(ICE)、MGU-H、MGU-K、ターボチャージャー(TC)、エナジーストア(ES)、コントロール・エレクトロニクス(CE)がそれぞれ2基に制限されることが、更新されたレギュレーションでは明記されている。

 またレース数が11以下になった場合には、ICE、MGU-H、MGU-K、TCが2基、ES、CEが1基に制限されるようだ。

 シーズン最終戦後のヤングドライバーテストのレギュレーションにも変更があり、各チームは2台のマシンを走らせることが可能となった。このテストに参加するためには、F1レースへの出走回数が2回以内でなければいけない。

 

Read Also:

次の記事
F1インドGPの元開催地、ブッダ国際サーキットが新型コロナ対策のシェルターに

前の記事

F1インドGPの元開催地、ブッダ国際サーキットが新型コロナ対策のシェルターに

次の記事

スウェーデン人F1ドライバー、ロニー・ピーターソンの墓石が破壊される事件が発生

スウェーデン人F1ドライバー、ロニー・ピーターソンの墓石が破壊される事件が発生
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Luke Smith