ボッタスが自転車グラベルロードレースで優勝! しかもレース創設者はボッタス本人「僕の初勝利」

F1ドライバーのバルテリ・ボッタスが、フィンランドで行なわれた自身の発案で創設された自転車のグラベルロードレースに挑戦。114kmのコースを3時間半ほどで走破し、見事優勝を手にした。

Valtteri Bottas, Stake F1 Team Kick Sauber, cycles the track

上海国際サーキットで、グラベルロードに乗るボッタス

写真:: Andy Hone / Motorsport Images

 キック・ザウバーのドライバーとしてF1に参戦するバルテリ・ボッタスが、6月15日にフィンランドで行なわれた自転車のグラベルロードレース”FNLD GRVL”に参加。114kmの”レイク・ルート”コースで優勝した。しかもただ優勝したわけではない。この”FNLD GRVL”は、ボッタス本人が設立したレースなのだ!

 ボッタスは217人が参加した”FNLD GRVL”のレイク・ルート・コースに、設立者ながらひとりの選手としても参加。114kmを3時間35分32秒で駆け抜け、優勝を果たした。2位となったリック・ザベルとはタイム差なしの大激戦であった。

 このイベントは2023年にフィンランドのラハティを舞台に初開催。今年は2回目の開催となり、177kmのミッドナイト・サン・ルート、ボッタスも参加した114kmのレイク・ルート、42kmフォレスト・ルートの3つのルート合計で、500人以上のライダーを集めた。

 優勝したボッタスは自身のSNSに次のように投稿し、喜びをアピールした。

「グラベルでの僕の最初の勝利だ!」

「114kmの”FNLD GRVL”のレイク・ルートは最高だった。地球上でもっとも楽しいグラベルロードだよ」

 

 なおボッタスのパートナーであるプロロードレーサーのティファニー・クロムウェルも”FNLD GRVL”に出場。最長距離のミッドナイト・サン・ルートに挑み、総合32位、女性部門優勝を果たしている。

 ボッタスはクロムウェルの勝利に「誇りに思う」とSNSに綴っている。

 ちなみにボッタスはカナダGPの前にもアメリカで行なわれたグラベルロードのレース”LIFE TIME UNBOUND GRAVEL”に参加。100マイル(約160km)のレースに挑み、1499人中33位でフィニッシュしている。

 カナダGPの際、このレースのついて尋ねられたボッタスは次のように語った。

「その週末は空いていたから、挑戦するチャンスを得たんだ。無事に走り切ったのが一番だ。楽しかったよ」

「かなりテクニカルで、岩だらけだったし、距離も長かった。そういう長い距離を走るのは、より精神的な戦いになるんだ。そしてもちろんトラブルを避け、パンクやクラッシュも避けなければいけない」

 この”LIFE TIME UNBOUND GRAVEL”には、最長で352マイル(約563km!)というコースも設定されている。将来、もっと長い距離に挑んでみたいかと尋ねられたボッタスは、次のように語った。

「いや、100マイルで十分だよ……100マイルで十分痛めつけられた」

「脚が一番キツかったけど、少しの痛みが気にならない。むしろ少し痛い方が心地いいよ!」

 なおボッタスは、日本GPの決勝レース前にも周辺の道路をロードバイクで走っているのが目撃されており、もはや自転車は切っても切り離せない存在となっているようだ。

関連ニュース:
 

前の記事 新規F1参戦アウディ、肝いりプロジェクトの命運を分けるのはサインツJr.の選択? 絶対に負けられない戦いがここにもある
次の記事 F1メカ解説|ライバルに追い付かれつつあるレッドブル、リヤウイング翼端のトレンドに新たな風を吹き込むか

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本