セナらが作り上げた、F1の重要さを実感……ガスリー、ブラジルGPへ意気込み

シェア
コメント
セナらが作り上げた、F1の重要さを実感……ガスリー、ブラジルGPへ意気込み
2018/11/06 8:53

シーズンラスト2戦に向け、戦略的なペナルティを受けてきたトロロッソ・ホンダのガスリーは、ブラジルGPでの入賞を期待していると、チームのプレスリリースに語った。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、今週末に行われるブラジルGPへの抱負を、チームのプレスリリースに語った。

 ガスリーは最後尾グリッドからのスタートながら、メキシコGPでは10位に入賞。1ポイントを獲得した。しかし、ザウバーではコンストラクターズポイントで先行されてしまったため、逆転を目指して残り2戦に挑むことになる。

「去年が、僕にとって最初のサンパウロでのレースだった。その経験を、僕は楽しんだんだ」

 ガスリーはそうプレスリリースにコメントを寄せた。

「ブラジルでのF1の重要性を、ただ感じることができたんだ。それは、アイルトン・セナや、そのほか過去のチャンピオンたちが作り上げたものだ」

「僕はそれをよく理解することができたし、コースレイアウトも素晴らしいと思った。興味深い色々なコーナーや、タイヤを乗せる必要がある縁石など、様々なキャラクターを持っている。それを楽しむことができたんだ」

「レースでは、ペナルティによってグリッド後方からのスタートだったけど、ポイントからそれほど遠くない12位でフィニッシュすることができた。今シーズン最後の2レースでチャンスを最大限に活かすため、直近のレースでは戦略的なペナルティを受けてきた。だから、再びポイントを目指して戦うことを楽しみにしている」

 ブラジルGPは、雨になる確率が高いグランプリである。ガスリー曰く、今年も雨が降ることを期待しているようだ。

「サンパウロではよく雨が降る。そして、僕はウエット路面でドライブするのが好きなんだ。ウエットコンディションによって、ドライビングが少し複雑になる。そうすれば僕にとっては楽しくなるし、ドライバーのパフォーマンスに大きな影響を与える。僕はカート時代から、ウエットコンディションで走ることが多かったんだ」

「またコースが反時計回りであり、ストレートがまっすぐじゃないという点も興味深いね。いつも、コーナーを走っているようなモノだ。いつもとは逆の方向に、15秒間にわたって力が加わることもあるんだ」

「それは通常、首で感じることになる。でも、僕は特にそれに対して準備をしてきたので、何の問題もないと思う」

次の記事
ペナルティ厳罰化はF1にプラス? ”愚か者”が減るとライコネン賛成

前の記事

ペナルティ厳罰化はF1にプラス? ”愚か者”が減るとライコネン賛成

次の記事

ハミルトン「レースのために学業を妥協する若手ドライバーを助けたい」

ハミルトン「レースのために学業を妥協する若手ドライバーを助けたい」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ブラジルGP
ドライバー ピエール ガスリー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース