ホンダ新PUと新エアロで上昇傾向。ハートレー「ブラジルでもポイントを」

シェア
コメント
ホンダ新PUと新エアロで上昇傾向。ハートレー「ブラジルでもポイントを」
2018/11/06 23:14

WEC時代から走り慣れたホセ・カルロスパーチェ・サーキットに、F1で2度目の挑戦をするブレンドン・ハートレーが、ブラジルGPに向けて意気込みを語った。

 トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーが、今週末に開催されるF1ブラジルGPに向けた意気込みを、チームのプレスリリースに寄せた。

 ハートレーは、前戦メキシコGPこそ無得点に終わったものの、その前のアメリカGPでは、F1での自身最高位となる9位入賞を果たした。マシンのパフォーマンスも向上しつつあり、終盤2戦での好結果を期待しているとハートレーは語る。

「直近の幾つかのレースでは、僕のペースは本当に良かった。オースティンではポイント圏内でフィニッシュすることができたし、メキシコでのそのスピードを維持することができた。好結果をもたらさなかったけど、僕らはそれに値する速さがあったと思う」

「そういった理由から、僕は今シーズン最後の2レースに、本当にポジティブな気持ちで挑むつもりだ。僕らは最新仕様のホンダエンジンを搭載していて、それがかなりのパフォーマンスを発揮することが分かっている。その上で、新しいエアロキット
も使っている。このエアロキットは、僕のドライビングスタイルに合っているようだ」

 ブラジルGPの舞台となる。ホセ・カルロスパーチェ・サーキットは、ハートレーはWEC時代にも走ったことのあるサーキットであり、お気に入りのコースのひとつだという。

「僕はブラジルに行くのを楽しみにしている。昔ながらのスタイルのサーキットで、ファンが素晴らしい雰囲気を生み出してくれる。高低差とキャンバーの変化が常にあり、興味深い違いを感じることもできるんだ。WECでも走ったから、このコースをよく知っているよ」

「去年のF1では、残念ながら技術的な問題によりリタイアしなければいけなかった。だから僕は、今週末を楽しみにしている」

「ここのコースでは、天候が興味深い結果を生み出す要因となる可能性がある。そして今年、僕らのパッケージは難しいコンディションでうまく機能することが分かっている」

「天候がどうであれ、僕らにとっては良い形になると信じているし、いくつかのポイントを手にできることを目標にしている」

次の記事
ハミルトン「レースのために学業を妥協する若手ドライバーを助けたい」

前の記事

ハミルトン「レースのために学業を妥協する若手ドライバーを助けたい」

次の記事

セッテ・カマラ、マクラーレンのテスト&開発ドライバーに就任

セッテ・カマラ、マクラーレンのテスト&開発ドライバーに就任
Load comments

この記事について

シリーズ F1
イベント ブラジルGP
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ 発売中
記事タイプ 速報ニュース