マイアミ市委員会、F1市街地レース開催の”無期限延期”を議決へ?

シェア
コメント
マイアミ市委員会、F1市街地レース開催の”無期限延期”を議決へ?
Adam Cooper
執筆: Adam Cooper
2018/09/27 10:17

マイアミ市委員会は、市内でF1レースを開催する決議の無期限延期を、木曜日に投票によって決定する予定だ。

 マイアミ市長は、2019年からF1の市街地レースを開催するための契約を結ぶ決議を、今年初めにまとめた。しかし7月、来年にはF1を開催しないことを確認し、契約を準備する時間を確保することができた。

 F1の商業部門のトップであるショーン・ブラッチズは当時、次のように語っていた。

「我々は長期的な見通しを立てている。その結果、マイアミ当局との協議の上、2020年シーズンのF1マイアミGP開催契約を交わすのを、夏の後半まで延期することを決めた」

 しかし、ブラッチズが期限としていた夏は既に終わり、”無期限延長”の議題が、木曜日に市委員会議会で取り上げられることとなった。

 無期限延長とは、事実上交渉完了までの時間が多くかかるということだと理解されている。しかし、レースの計画自体は消滅したわけではない。

「我々のシステムの仕組みは、項目が延期されている場合は、何らかの意思決定がなされるまで議題として残り続ける」

 マイアミ市委員会に近い情報筋は、motorsport.comに対してそう語った。

「F1には、様々な関係者と取り組むべきことがある。それを考慮する準備はできていない」

「我々が無期限の延期をするということは、特別に議題に戻すことをしない限り、6カ月間は戻らないということになる」

「確かなことは、2019年にはマイアミでレースを行わないということだ」

次の F1 ニュース
批判相次いだF1タイミングアプリ、今週末は“旧バージョン”が使用可能に

前の記事

批判相次いだF1タイミングアプリ、今週末は“旧バージョン”が使用可能に

次の記事

【DAZN】F1ロシアGP配信スケジュール。今回も全セッション生配信

【DAZN】F1ロシアGP配信スケジュール。今回も全セッション生配信
Load comments

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Adam Cooper
記事タイプ 速報ニュース