2021年のタイヤウォーマー使用は“ひとまず”可能に。今後は段階的に禁止する方針

2021年シーズンにおけるタイヤウォーマー使用禁止の規則導入は見送られることとなったが、タイヤウォーマーは今後段階的に禁止されていくようだ。

2021年のタイヤウォーマー使用は“ひとまず”可能に。今後は段階的に禁止する方針

 2021年のF1シーズンではタイヤウォーマーの使用が禁止される予定であったが、その決定は取り消され、ひとまず同シーズンでは使用できることになりそうだ。

 F1チームにタイヤを供給しているピレリは、2021年に18インチタイヤが導入されることを引き合いに出し、タイヤウォーマーを使用できるよう訴えていた。新サイズのタイヤへの移行を容易にするためだけでなく、開発を円滑に進めるためだ。

 各チームはタイヤウォーマー禁止となった場合にどのように対処するか頭を悩ませていたが、ひとまずその必要がなくなったと言えるかもしれない。

 ピレリのマリオ・イゾラは次のように語った。

「2021年シーズンには大きな変化がある。新しいマシン、新しいエアロパッケージ、そしてサイズの変わった新しいタイヤなどだ」

「タイヤウォーマーの廃止に関しては、今後段階的に行っていくという方針に移行した。つまり、2021年にはウォーマーを使用することができるが、少しずつそれを使わないという方向に進んでいく」

「我々がそれ(タイヤウォーマー廃止の延期)について議論をした時、強い反対意見はなかったと記憶している。議論は非常に明確で透明性があり、それらの長所と短所を考慮しながら分析がなされた」

「少しずつ移行していく方が、このスポーツにとっても有益であると我々は考えた」

 ただ、いくつかのチームは、これらの決定によってマイナスな面もある。2021年シーズンはコスト削減のための規則がいくつか設けられる予定で、タイヤウォーマー撤廃もコスト削減を目指して導入されたもののひとつだった。しかし、それが先延ばしとなったことで各チームはウォーマーを急きょ購入するという“予定外の出費”を強いられることとなるのだ。

 また、新たにタイヤ加熱システムを導入することについても議論が行われたが、各チームは従来のコントロールユニットに対して既に投資を始めており、その新システムを維持することを熱望しているという声もある。

Read Also:

シェア
コメント
F1人気“復活”間近? 台風はねのけ日本GP決勝動員10%増の8万9000人

前の記事

F1人気“復活”間近? 台風はねのけ日本GP決勝動員10%増の8万9000人

次の記事

【動画】2019年F1第17戦日本GP決勝ハイライト

【動画】2019年F1第17戦日本GP決勝ハイライト
コメントを読み込む