F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
22 時間
:
48
:
44
28 8月
次のセッションまで……
14 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
21 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
28 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
42 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
56 days
23 10月
次のセッションまで……
70 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
78 days

F1ドライバーとeスポーツの“融合”は、F1に大きな価値をもたらした?

シェア
コメント
F1ドライバーとeスポーツの“融合”は、F1に大きな価値をもたらした?
執筆:
, Grand prix editor
2020/06/22 3:15

F1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは、現役ドライバーたちがファンとより密接に関わることができたeスポーツからは、学べることがあると語った。

 新型コロナウイルス流行の影響でレースが開催されない間、多くのF1ドライバーがシムレースに興じ、ファンを楽しませた。シャルル・ルクレール(フェラーリ)やランド・ノリス(マクラーレン)はその代表格であり、彼らは先日行なわれたバーチャル・ル・マン24時間レースにも出場した。

 ドライバーたちはそういったシムレースの模様を様々な形でライブ配信し、その中でファンとリラックスした状態でコミュニケーションをするなど、交流を深めていた。

Read Also:

 F1のモータースポーツ面のマネージングディレクターであるロス・ブラウンはインタビューの中で、F1の若手ドライバーたちがレースの行なわれていない期間中、いかにファンと交流してきたかを熱心に語った。

「このような時期にファンを巻き込み続けることは重要であり、多くの人々が外出禁止となっている中でエンターテイメントを提供できたのは素晴らしいことだった」

 ブラウンはFIAのeカンファレンスの中でそう語った。

「私が見てきた中で特に印象的だったのは、リアルのレースに参加しているドライバーだからこそ、(シムレースでも)ファンとうまく関わることができているという点だ」

「ファンからは、彼らのことをもっと知りたいというメッセージが常に伝わってきた。ファンは普段、ヘルメットを被ってマシンに乗っている姿や、行儀よくインタビューに答える姿しか見ていないが、彼らは本当はどんな人間なのか? どんな生活をしているのか? そういったことを知りたいんだ」

「eスポーツを見ている方が、明らかにドライバーの内面や性格について深く知ることができる。それが実際にブームになっているんだ」

「ランド・ノリスやジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)など、これまでそれほど大きく目立っていなかったドライバーが脚光を浴び、彼らの個性があらわになったんだ」

 7月にシーズンが再開することが決まったF1だが、ブラウンは今後もファンとの繋がりを向上させるために、eスポーツで得た教訓が活かされることになるだろうと語った。

「(ファンとの交流は)eスポーツにおける価値ある要素のひとつだと思うし、我々は常にそれを支持してきた」

「我々は以前にも、全てのチームが参加するeスポーツ選手権を開催していたが、その時はほとんどがプロゲーマーだった。実際のレーシングドライバーが参加することによって、eスポーツが大きく後押しされたと思っている」

「将来的にはより多くのサポートとリソースが必要になると思う。我々は(eスポーツの)ポジティブな面を見てきたから、それらを手放すつもりはない。F1は今後もそれに取り組み続けるだろう」

 

Read Also:

フェラーリ入りできなかったジョビナッツィ、後悔なし!「最後まで候補に残れて満足」

前の記事

フェラーリ入りできなかったジョビナッツィ、後悔なし!「最後まで候補に残れて満足」

次の記事

ハース、開幕までに走行予定なしもシュタイナー代表は楽観視「我々なら乗り切れる」

ハース、開幕までに走行予定なしもシュタイナー代表は楽観視「我々なら乗り切れる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , eSports
執筆者 Luke Smith