レッドブル「カナダGPのクラッシュは、ハートレーの将来に影響せず」

レッドブルのヘルムート・マルコは、カナダGPのクラッシュがブレンドン・ハートレーの将来に影響を及ぼすことはないと語った。

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、トロロッソのブレンドン・ハートレーがカナダGPを1周目のクラッシュによりリタイアしたことが、彼の将来に影響を与えることはないと語った。

 ハートレーはカナダGPの1周目、バランスを崩したランス・ストロール(ウイリアムズ)に進路を塞がれる形となり、激しいクラッシュに巻き込まれた。ハートレーとストロールはマシンに大ダメージを負い、その場でリタイアとなった。

 今季がF1デビューイヤーであるハートレー。彼のシーズン序盤は非常に厳しいものとなっており、早くもシーズン途中での更迭が噂され、後任候補として昨年のF3ヨーロッパ選手権王者であるランド・ノリスの名前まで取り沙汰されている。

 ただレッドブルのモータースポーツアドバイザーであるマルコは、今回の事故がハートレーの将来に影響を与えることはないと断言する。

「今回の件については、”レーシングアクシデント”だと言うべきだろう。そして、彼の将来について影響を及ぼすことはない」

 マルコはそうmotorsport.comに対して語った。

「彼はマシンに乗り続ける」

 マルコは今回の件について、次のように説明した。

「(ハートレーの更迭を)語る人々は、トロロッソでレースをさせたいのだろう。もしくは私たちでさえ知らないようなオファーを、思い描いている」

 カナダGPでのハートレーは、フリー走行を通じて速さを見せ、予選では12番グリッドを獲得。ポイント獲得が期待された。しかしレース早々の事故により、病院に搬送された。そして検査の結果、問題がないことが確認された。

 ハートレーはその後、2週間後のフランスGPに向けて”準備ができている”と語った。

「トロロッソとホンダにとって、本当に残念な結果だった。パワーユニットのアップグレードによって、僕らはこの週末、とても強くなったからだ」

 そうハートレーは語った。

「ポイント獲得に挑戦できるペースがあるのは間違いない」

 ハートレーは、ストロールとクラッシュしたターン5で、アウト側からオーバーテイクを仕掛けた判断は正しかったと主張。ストロールのミスさえなければ、うまくいっていたはずだと語った。

「僕は周りのドライバーたちと同じように、良いスタートを切った。でもターン2ではアウト側になってしまい、少しポジションを失うことになってしまった」

「僕はアウト側から、ターン4でランスにうまく近づいた。しかし彼はマシンのコントロールを失い、2台のマシンをウォールに追いやった」

「そこにはオーバーテイクするスペースがあった。だからとても残念な結果だ。僕は力強いレースを楽しみにしていた」

「こうやってレースが終わってしまったことは、とても不満に思っている。今週末のパフォーマンスには、本当に満足していたんだ」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ F1
ドライバー ブレンドン ハートレー
チーム トロロッソ
記事タイプ 速報ニュース