F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
12 days

F1カナダGP予選:ベッテルが今季初PP。フェルスタッペンは赤旗でまさかのQ2落ち

シェア
コメント
F1カナダGP予選:ベッテルが今季初PP。フェルスタッペンは赤旗でまさかのQ2落ち
執筆:
2019/06/08 21:36

F1第7戦カナダGPの予選が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが今季初のポールポジションを獲得した。レッドブルのピエール・ガスリーは5番手につけた。

 F1第7戦カナダGPの予選が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが1分10秒240のタイムを記録して今季初のポールポジションを獲得した。

Q1:母国レースのストロール、Q1敗退

 18分間の予選Q1セッションは、気温21℃、路面温度46℃のコンディションで開始時刻を迎えた。セッションが始まると、ロバート・クビサ(ウイリアムズ)が直ぐにコースイン。チームメイトのジョージ・ラッセル、ランス・ストロール(レーシングポイント)もそれに続いた。

 クビサのタイム計測を皮切りに、続々と各ドライバーもタイムを刻み始める。最初に出走したグループのアタックでひとまずトップにつけたのはケビン・マグヌッセン(ハース)。1分12秒710でトップとした。

 4分を経過すると、トップ3チームもアタックを開始。フェラーリのシャルル・ルクレールが1分11秒786でトップに浮上。そしてチームメイトのセバスチャン・ベッテルも1分12秒339で2番手につけた。

 その後方からはレッドブルのマックス・フェルスタッペンが1分12秒018を記録する走りで2番手に割って入る。

 残り10分を切り、メルセデスがアタック。ルイス・ハミルトンが1分12秒009で3番手、バルテリ・ボッタスも4番手に入った。

 セッション残り7分、ベッテルは同じタイヤでアタックを続けタイムを更新。1分11秒601で2番手までポジションを上げた。続いてフェルスタッペンもアタックを行うと1分11秒619で3番手につけた。

 残り5分を切ると、ボッタスが2度目のアタック。1分11秒229でトップに躍り出る……が、ベッテルが更に1分11秒200までタイム縮めてトップへ浮上した。

 中団勢では、Q1から熾烈な争いが展開された。コースコンディションの改善もあって、セッションが進むにつれて目まぐるしくオーダーが入れ替わったが、フリー走行から上位につけていたセルジオ・ペレス(レーシングポイント)が16番手でQ1敗退。アルファロメオはアントニオ・ジョビナッツィがからくもQ2進出を果たした一方で、キミ・ライコネンは17番手でノックアウトとなった。

 その他、ストロール、ラッセル、クビサを含めた計5名がQ1ノックアウト。母国GPとなるストロールにとっては苦しい結果となった。

Q2:フェルスタッペン、まさかの赤旗でQ3進出ならず

 続く16分間のQ2セッションでは路面温度が48℃まで上昇した。セッション開始後、メルセデスの2台が即座にコースイン。ミディアムタイヤを装着しての出走だ。フェラーリ2台もミディアムタイヤを履きそれに続いた。

 まずハミルトンが1分11秒336を記録しトップに。しかしベッテルが僅差の1分11秒309でタイムを更新してトップタイムを奪取。同じくミディアムでの出走を選んだフェルスタッペンは、初めのアタックで1分11秒839で4番手につけるが、徐々にポジションを落としていってしまった。

 残り8分、ルクレールがタイムを縮めて1分11秒205でトップに立つ……も、後ろから来たベッテルが更に良い1分11秒142でトップを譲らず。

 チームメイトのフェルスタッペンとは異なりソフトタイヤでのアタックを選んだピエール・ガスリーがここでアタックを行い、1分11秒196で2番手までポジションを上げた。一方、ミディアムでアタックを続けたフェルスタッペンはなかなかタイムを縮められず、Q2敗退圏内の11番手まで沈んでしまった。

 結局、フェルスタッペンはミディアムタイヤで決勝をスタートすることを諦め、ソフトタイヤで再度コースイン。Q3進出を目指してラストアタックに入った。

 しかし、アタックをまとめようとしていたケビン・マグヌッセン(ハース)が最終コーナーでアウト側のウォールへヒットし、大クラッシュ。デブリがコース上に散らばる形となってしまい、赤旗が掲示されセッション終了となってしまった。

 このクラッシュによって、後方を走っていたフェルスタッペンはタイムを更新できず、11番手でQ2敗退。Q2落ちはフェルスタッペン、ダニール・クビアト(トロロッソ)、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)、ロマン・グロージャン(ハース)となった。

 グロージャンは目の前でチームメイトがクラッシュを喫しノータイム。無線で怒りを露わにした。

 最終的に、2セット目の新品ミディアムタイヤを使用したハミルトンが、1分11秒010でトップタイムを記録。ボッタスも1分11秒095で2番手とした。

Q3:ベッテル、渾身のラップでポールポジションを獲得!

 Q2でクラッシュしたマグヌッセンのマシンを回収するため、セッション進行が遅れ、現地時間15時5分(日本時間4時5分)からQ3が開始された。

 ガスリーが真っ先にコースイン。残り10分になると他のチームもコースへ出始めた。ガスリーは最初の計測で1分12秒185を記録するとそのままピットへと戻った。

 ベッテルは1度目のアタックで1分10秒681をマークし、昨年のポールタイムを上回るが、後方からハミルトンが1分10秒493でトップタイムを更新した。

 一方ボッタスもアタックに入っていたが、途中スピンを喫してしまった。危うくクラッシュ寸前となったが、幸いタイヤ以外にダメージはなくピットに戻った。

 残り5分、2度目のアタックに入ったガスリーが1分11秒569で4番手につけた。残り時間が2分半を切ると、メルセデスの2台が2度目のアタックに出走。それにフェラーリ2台、ガスリーも続いた。

 Q3でタイムを残せておらず、1発のアタックにかけるボッタスだったが1分11秒101で5番手。一方でハミルトンはわずかながら自己ベストを更新し、1分10秒446を記録した。

 ハミルトンがポールポジションの座を固めたと思われたが、その後ろからベッテルが1分10秒240を叩き出し、ハミルトンにコンマ2秒差をつけてトップに躍り出た。

 最終的にベッテルのタイムを上回る者はおらず、ベッテルが17戦ぶりにポールポジションを獲得。2番手はハミルトン、3番手にはルクレールが入った。

 ダニエル・リカルド(ルノー)が1分11秒071を記録して4番手を獲得。古巣のマシンを走らせるガスリーや、ボッタスを破る結果を見せた。そのガスリーはリカルドと0.008秒差の5番手となった。

【リザルト】F1第7戦カナダGP:予選結果

順位 ドライバー タイム
1 Germany セバスチャン ベッテル 1'10.240  
2 United Kingdom ルイス ハミルトン 1'10.446 0.206
3 Monaco シャルル ルクレール 1'10.920 0.680
次の記事
サインツJr.、アルボンのアタック妨害で3グリッド降格ペナルティ

前の記事

サインツJr.、アルボンのアタック妨害で3グリッド降格ペナルティ

次の記事

予選Q2敗退のフェルスタッペン、レッドブルの戦略を擁護「論理的な選択だった」

予選Q2敗退のフェルスタッペン、レッドブルの戦略を擁護「論理的な選択だった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第7戦カナダGP
サブイベント 予選
執筆者 永安陽介