F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

レースを再開するために、F1はコロナウイルス検査の無駄遣いをしてはならない?

シェア
コメント
レースを再開するために、F1はコロナウイルス検査の無駄遣いをしてはならない?
執筆:
2020/04/17 9:49

マクラーレンのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、新型コロナウイルスの検査や防護具を他の人々がさらに必要としている状況で、F1はレースを再開するべきではないと主張している。

 F1の首脳陣は、今年後半からシーズンを再開し、最終的には当初の予定とほぼ同数のレースを開催することを目指している。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大が完全に終息するためには長い時間がかかると言われているため、F1が今年中にシーズンを再開することになれば、ウイルス感染を蔓延させないようにするため、厳密なテスト体制を構築し、各スタッフはしっかりとした防護策を講じる必要があるだろう。

 しかし、マクラーレンのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、F1がシーズンを再開させる時には、世論がどうなっているかに注意する必要があると語った。

「私が重要だと思っていることは、再開するとなった時、世論がどう受け入れてくれるかということだ」

 そうザイドル代表は説明した。

「感染予防のための防護具、そして(パドックの)人々に対する検査の体制が確実に整った場合のみ、レースに戻る。それが重要だと思う」

「そしてそれらは、実際にそういうモノを必要とする人たちが利用できなければならない。レースに戻るためだけに、これらの検査や防護具を使うべきではない」

「スポーツイベントが再開されることについては、人々、世論、そしてファンが渇望していると思う。今我々全員が置かれているロックダウンの状況では特にね。しかもそれは、テレビで観られるだけでもいいだろう」

「しかし繰り返すが、考慮すべき様々な側面が数多くある」

 ザイドル代表はまた、チームスタッフの安全を保証することは、必要不可欠なことだと改めて語った。彼はチームスタッフに新型コロナウイルス感染者が確認されたあと、すぐにオーストラリアGPを棄権することを決めた人物でもある。

「いつも言っているように、我々にとってもっとも重要なことは、我々のスタッフを守ることだ。我々のスタッフが安全であることが明確になるまで、我々はレースに戻ることはできない。そして単純に、我々の母国のガイドライン、そして移動に関するガイドラインに従うと思う」

「つまり、我々が他の国に行った際に、母国に戻ってくることができるかどうかを確認する必要があるということだ。そして、レースを行なうべきかどうか、各国の決断も待つ必要がある」

「私はまた、プロモーターが何を決断するのか、それを確認する必要があると思う。特に多くのレースの日程が変更される場合、プロモーターはそれに対応する必要があり、商業的な観点からもそれを理解する必要があるのだ」

Read Also:

次の記事
フェラーリも新型コロナ対策を支援。人工呼吸器のバルブを製造

前の記事

フェラーリも新型コロナ対策を支援。人工呼吸器のバルブを製造

次の記事

ベッテル、報酬カットについてフェラーリと議論中。でも詳細は「明かさない」

ベッテル、報酬カットについてフェラーリと議論中。でも詳細は「明かさない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble