F1ポルトガルGP開催にゴーサイン。開催地未定だった第3戦として実施へ

F1は、未定となっていた2021年シーズンの第3戦をポルトガルで実施することを決定したようだ。

F1ポルトガルGP開催にゴーサイン。開催地未定だった第3戦として実施へ

 motorsport.comの調べによると、F1は開催地が未定となっていた2021年シーズンの第3戦を、ポルトガルで行なうことを決定したようだ。

 2021年シーズンのF1は、3月28日決勝のバーレーンGPで開幕。その後4月18日にイタリアのイモラ・サーキットで第2戦が開催されることになっていたが、5月2日に予定されている第3戦の開催地は未定だった。

 この第3戦はポルトガルのアルガルヴェ・サーキットでの開催が有力視されていたものの、ヨーロッパでは新型コロナウイルス変異株の感染が広まりつつあり、開催が難しくなりつつあるのではないかと見られていた。

 もしポルトガルでレースが実施できなかった場合、イモラでのレースを1週間後ろ倒しし、開幕戦から2週連続でバーレーンでレースを行なう案も出ていた。

Read Also:

 しかし、ここ数日にわたってF1とレースのオーガナイザーがポルトガルの状況をより良く理解するために話し合いを行なった結果、両者はイベントの開催が可能になったと結論づけたと理解されている。状況に詳しい情報筋によると、F1は5月2日に予定されていた第3戦として、ポルトガルGPの開催が確約したという。

 ポルトガルGPの開催が決まったことで、イモラでの第2戦の日程も4月18日に確定することになる。

 各チームは2月11日(木)に行なわれるF1コミッションの会議で正式に、カレンダーの決定について知らされることになるだろう。

 ただ各チームは、イギリスで新たに導入された検疫規制によって、シーズン序盤は難しい対応を迫られることになりそうだ。

 ポルトガルは現在、イギリスの渡航制限”レッドリスト”に登録されており、ポルトガルからイギリスへの渡航者は、イギリス到着後10日間ホテルで隔離されなければならないのだ。

 スポーツ関係者の隔離免除は認められていないと理解されており、イギリスに拠点を置くF1チームの関係者は、5月9日の第4戦スペインGP前にポルトガルから帰国することができないだろう。そのため各チームは、長くイギリスに戻れぬまま、レースを戦うことになりそうだ。

 バーレーンでの連戦は選択肢のひとつではあったものの、話し合いが真剣に進むことはなく、常にポルトガルでの開催が優先されていたようだ。

 11日(木)のF1コミッションのミーティングでは、カレンダーの変更だけではなく、F1にとって重要なトピックについての議論や投票も行なわれる。

 2021年のいくつかのイベントで土曜日にスプリントレースを開催するかどうかや、2022年からパワーユニットの開発を凍結するかどうかといった、ファンにとっても重要なテーマが議論される見込みだ。

Read Also:

 
シェア
コメント
仮想通貨がF1を救う? サッカーが先行投入し成功する”ファントークン”

前の記事

仮想通貨がF1を救う? サッカーが先行投入し成功する”ファントークン”

次の記事

F1の年間レース数増加にマクラーレンCEO「一部の開催地は持ち回りにすべき」

F1の年間レース数増加にマクラーレンCEO「一部の開催地は持ち回りにすべき」
コメントを読み込む