F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

レーシングポイント代表、開幕戦オーストラリアGPは「安全に開催できたかも……」

シェア
コメント
レーシングポイント代表、開幕戦オーストラリアGPは「安全に開催できたかも……」
執筆:
, Grand prix editor
2020/04/25 2:13

レーシングポイントのオットマー・サフナウアー代表は、F1オーストラリアGPはパドック内で新型コロナウイルス感染が広がるリスクが“非常に低かった”ため、通常通り開催できたはずだと主張した。

 2020年のF1開幕戦オーストラリアGPは、マクラーレンのチームスタッフのひとりに新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、金曜フリー走行の開始直前にキャンセルが発表された。

 各チームはレースウィークの木曜日から金曜日にかけて夜通し議論を進めていたが、当初は予定通りレースを開催することに賛成するチームも多かった。しかしながらメルセデスが反対に転じたこともあり、最終的にはレッドブル、アルファタウリ、レーシングポイントの3チームのみがセッション開始に向けて準備を進めているという状況となり、イベントはキャンセルされることとなった。

 レーシングポイントの代表を務めるオットマー・サフナウアーは、オーストラリアGPが安全に開催できた可能性があると語った。

「確かにメルボルンでは今後のことを予測するのは困難だったが、ただ今になって考えてみれば、我々は安全にレースを行なうことができたと思う」

 サフナウアーはそう語った。

「リスクは非常に低かったので、レースを行なうことができたんじゃないかと思う。オーストラリア政府は我々にゴーサインを出していたんだ」

「しかしながら、あの時は未知数な部分が多かったため、我々はレースをしないという慎重な決断に至ったんだ」

 マクラーレンのスタッフに新型コロナウイルス感染者が発生した後、各チームの代表とFIA、そしてF1は、レースを開催すべきかどうかの議論を行なっていた。FIA会長のジャン・トッド曰く、その中では「多くの異なる意見」があったという。

 サフナウアーは木曜夜の会議を終えて、セッションが行なわれる金曜の朝にパドックに到着した時、通常通りプラクティスが始まると予想していたと語った。

「木曜日は深夜1時半にミーティングが終了したが、その時点で過半数がレースを行なうことに賛成していた」

「我々はそのまま就寝し、4時間後に起床した。そしてパドックに着くと、みんなはこう言っていたんだ。『我々はレースをしない』と。私は『たった4時間前までレースをすることに賛成だったじゃないか!』と思った」

「我々は結果的にリスクを避けるスタンスをとった。それはおそらく正しいことだったと思う。ただ今になって考えると、もしレースをしていたら、安全にできたと思うんだ」

 

Read Also:

次の記事
FIA、ルール変更プロセスを改定。予算のさらなる削減反対のフェラーリに黄色信号?

前の記事

FIA、ルール変更プロセスを改定。予算のさらなる削減反対のフェラーリに黄色信号?

次の記事

”年またぎ”のF1シーズンになっても「契約問題は起きないはず」とマクラーレン

”年またぎ”のF1シーズンになっても「契約問題は起きないはず」とマクラーレン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム Racing Point
執筆者 Luke Smith