F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
Race まで
08 時間
:
18
:
11
09 10月
次のセッションまで……
11 days
23 10月
次のセッションまで……
25 days
31 10月
次のセッションまで……
33 days

F1再開に向け、FIAが濃厚接触者追跡アプリを導入へ。急遽のイベント中止を防ぐ狙い

シェア
コメント
F1再開に向け、FIAが濃厚接触者追跡アプリを導入へ。急遽のイベント中止を防ぐ狙い
執筆:

F1をはじめとするいくつかのレースシリーズでは、新型コロナウイルス感染者の発生に対応するため、専用の追跡アプリを使用する可能性がある。

 F1では3月にアルバートパーク・サーキットのパドックで新型コロナウイルス感染者が確認されたことを受けて、開幕戦のオーストラリアGPが走行開始直前でキャンセルされるという事態が発生した。FIAはそれを教訓として、今後の状況をよりうまく管理するための方法を模索している。

 FIAはレース会場にウイルスが持ち込まれるリスクを最小限に抑えるため、全ての参加者に新たな“行動規範”を示す。またレース界特有のニーズに応えるため、特別な追跡アプリが開発中であることを明かした。

 FIAのセーフティディレクターであるアダム・ベイカーは、濃厚接触者を特定するこのアプリを使用することで、突発的に新型コロナウイルス感染者が発生した場合でも、イベントを中止せずに済むことになると期待している。

 ベイカーは次のように語った。

「連続したイベントを開催するために重要なことは、メルボルンでの教訓を活かすことだ。つまり人と人との接触を追跡して感染の可能性がある人を正確に特定し、迅速に検査を行なうことだ」

「そういった人たちはすぐさま隔離され、検査を受ける。そして陰性であれば隔離から解放されることになる」

 スマートフォンを使って濃厚接触者を特定する追跡アプリは、世界各国の政府が開発・導入を始めている。ただしスポーツイベントで使用されるものは、一般で使用されるものよりもはるかに正確であることが求められる。

 特にモータースポーツでは限られた空間の中で多くの人が定期的に接触するため、FIAはアプリにより洗練された技術が必要だと考えている。

 ベーカーはさらにこう続けた。

「我々は接触履歴を追跡するやり方でどういったことができるのかを検討した結果、モータースポーツイベント用に特別に設計されたアプリが必要であるという結論に至った」

「特に、我々が一般的に使用できるものにはない、感度の調整ができるものができるものを求めていた」

「また、システムに入力される前に検査結果が確認できる機能も欲しいと考えていた。これは、実際には感染者と接触していなかった人たちが隔離されるといったアクシデントを防ぐためのものだ」

「それから我々はこのアプリの開発の中で、データ保護法に関する懸念にも対処する必要があった。これらは特定の国際競技当局が使用することを意図して開発されている」

Read Also:

■FIAが“行動規範”を作成

 FIAはレース再開に向けて、イベント参加者全員に対して公式の“行動規範”を示し、これ遵守することを義務付ける予定だ。この文書は、イベント参加者が遵守しなければいけないルールを明文化したもので、早ければ6月19日(金)には世界モータースポーツ評議会で承認される予定だ。つまりこれは法的な強制力を持つものとなり、違反すると制裁を受ける可能性がある。

「そこにはイベント参加者の義務について明記されている」とベイカーは言う。

「必要な取り組みを行なっていない者に対しては、FIA側が何らかのアクションをとれるような法的枠組みがある」

「そのためには、イベントに参加する全ての人に対してこの規制を適用させる必要があったので、参加者をグループ分けし、彼らが組織を代表できるような構造を確立することができた」

 なおこの行動規範に関しては、FIA国際競技規則の付則となるようだ。

 FIAは既に世界のレース主催者に向けて、イベントを再開する際に新型コロナウイルス対策をどのようにすべきかについてのガイドラインを発表している。これは主にクローズドサーキットで行なわれるスプリントレースを対象としたもので、ラリーや耐久レースにおいてはまだ検討の余地がある。

 ベイカーはこれについて「我々にとって特に難題となっているのは、複数の競技者がシェアしているマシンに関してだ。我々は3週間後の7月3日までにはこれを完成させたいと考えている」とコメントした。

 

Read Also:

マクラーレン、資金調達のため株式を最大30%売却? 新型コロナで財政面に打撃

前の記事

マクラーレン、資金調達のため株式を最大30%売却? 新型コロナで財政面に打撃

次の記事

F1王者ニコ・ロズベルグ、”バイク”を賞品に募金プロジェクトを開始

F1王者ニコ・ロズベルグ、”バイク”を賞品に募金プロジェクトを開始
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble