移籍市場はまだまだ動く? ロマン・グロージャン、アロンソ復帰説には好感

ハースのロマン・グロージャンは、セバスチャン・ベッテルのフェラーリ離脱に端を発する移籍市場の動きはまだ終わっておらず、今後も多くの動きがあると考えている。

移籍市場はまだまだ動く? ロマン・グロージャン、アロンソ復帰説には好感

 セバスチャン・ベッテルとフェラーリが2020年限りで袂を分かつことが発表されて以来、F1のドライバーズマーケットは大きく動いた。

 カルロス・サインツJr.がベッテルの後任としてフェラーリに加入することが決定し、さらに空いたマクラーレンの席にはダニエル・リカルドが入ることになった。

 こうした動きは今年のドライバーズマーケットに大きな影響を与え、F1はまだシーズン開始を待つ状況にも関わらず、“シリーシーズン”が始まったのだ。

 そんな中、ハースのロマン・グロージャンはベッテルのフェラーリ離脱には驚いたとしながらも、2021年に向けた移籍市場の動きが今後も続いていくと考えている。

「色んな意味で、それらの決定には驚かされた」と、グロージャンはSky Sports F1のvodcastで語った。

「でも一番のサプライズはセバスチャンの事だ。僕は彼がフェラーリで続けるだろうとかなり強く予想していた。だからこの決定は大きなサプライズだったんだ」

「それから物事は興味深い形で進んでいった。僕はまだ終わっていないと思う。ルノーにはまだシートが空いていて、君たちも(フェルナンド)アロンソ加入の噂を聞いているだろう?」

「まだ進行中の多くの事があると思う。この移籍を巡る“サガ”はまだ終わっていないんだ」

 降って湧いた2度のF1王者であるアロンソのルノーからの復帰説。グロージャンは2009年に7レースをアロンソのチームメイトとして戦った経験があるが、F1にアロンソが復帰するとすればそれは良いことだと語った。

「当然ながら、彼は偉大なドライバーだ。常に改善を試みていて、懸命に働いていた」

「彼がルノーに復帰した2009年のマシンはベストなものではなかったことは明らかだ。そしてそれが上手く機能しなかった」

「今回の噂も確かにポジティブなことだ。ただシートを(他のドライバーから)奪うことになるし、あまり多くのシートがないことも確かだね」

「興味深いことに、今は世界中の企業やチーム、みんな財政状況はベストなものではない。何がどうなっていくか見てみよう」

 

Read Also:

シェア
コメント
F1ドライバーの給与額には“根拠”が必要? リカルド手放すルノー代表が提言
前の記事

F1ドライバーの給与額には“根拠”が必要? リカルド手放すルノー代表が提言

次の記事

初の親子制覇が目前だった……ジャック・ビルヌーブは何故モナコGPで勝てなかったのか

初の親子制覇が目前だった……ジャック・ビルヌーブは何故モナコGPで勝てなかったのか
コメントを読み込む